« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

触れる2

ハーロウの『愛のなりたち』という書物を読んだことのある方は多いと思います。

私は、この本の中に書かれてある子猿の実験で衝撃を受けました。

どのような実験かは有名なので、この本を読まなくても知っている人が多いかもしれませんが、ちょっと書いてみますね。

2匹の子猿を、親から離し、それぞれを別の檻に一匹ずつの状態で育てます。子猿さん、可哀想ですが続きます。

その際一匹の子猿は、ヌイグルミに取り付けた哺乳瓶からミルクを飲むようにしておきます。

もう一匹は、針金人形に取り付けた哺乳瓶からミルクを飲むようにします。

子猿用のベッドや、おもちゃも無く、檻の中にあるのは、ヌイグルミのミルクのみ人形か、針金のミルクのみ人形のみ、飼育者も撫でてやったりしてはいけません。

そうすると、ヌイグルミ人形の檻の子猿は柔らかいヌイグルミに寄り添うようになりますが、冷たく硬い針金人形の方の子猿は、針金人形には近づかず、孤独に泣き叫び、情緒不安定になり、自分の身体を傷つけ始めます。

成長してから、群れに返すと、ヌイグルミ人形で育ったほうは群れの集団生活に適応できたのですが、針金人形の方は、攻撃性が強くて、群れの生活に適応できなかったのです。食べ物をくれるなら、柔らかいヌイグルミでも、硬い針金人形でもいい、というわけでないのです。母の居ない小猿は柔らかなヌイグルミに寄り添い、健常に育っていきました。

その本は図書館で借りたので、今、手元に無く、かなりうろ覚えなのですが、この話から、私にとっては皮膚感覚の大切さが身にしみた、という思い出があります。

実験状況にもよりますし、猿と人間を全く同じに考えることはできません。

しかし、この話を知ってから、私は、生きていく上での基本的信頼感、肯定感、存在感、安心感というのは、赤ん坊の頃の皮膚感覚によるところが大きい、ということを実感しました。

目もあまり見えない、音も判別できないという、ほぼ本能のみの赤ん坊の頃に、自分がこの世界に居てもいいのだという事をを知るのは、養育者に心地よく、優しく包まれる皮膚感覚が大きくウエイトを占めているのではないでしょうか。

大人になってからこそ、優しく、暖かく包まれる皮膚感覚は、生活から程遠いものとなってきますが、心地よく触れられるという感覚は、心身を安心、安定させ、赤ん坊の頃の原初の感覚に通じるものがあります。

あー、暑いし、忙しいし、疲れちゃったなーという方、ぜひアロマトリートメントで、心身を安定させて、明日からまた元気に頑張ってみましょう。

今日も暑かったですね。私は夏の暑さに慣れておくと冬に風邪引きにくいというので、仕事以外では、自然風か、扇風機です。馬鹿だから風邪ひかないのかもしれないですけど。

クリックしてくれるとうれしいです。→ 人気blogランキングへ押してくれてありがとう。

| | コメント (0)

タオルワーク

触れる1、を書きながら思い出したことです。

エステティシャン、セラピストが研修や学校で、技術を学んでいくとき、案外苦労することにタオルワークがあります。

タオルワークには、マニュアルが無い場合も多いです。

教えてくれる講師の手を見ながら、模倣することが多いのではないでしょうか。

しかし、このタオルワークと言うのが重要で、優しく触れるというのは、手で直接触れることだけではなく、タオル越しに触れるということも含みます。

お客様が、トリートメントのために衣類をとって、最初に触れられるのは、まずタオル越しです。

お客様の、期待感を増大し、不安感を払拭するのが、このタオルワーク。

施術を受ける側にとっては、タオルのかけ方、ターバンの巻き方などからも、このトリートメントは快適か、不快か、の判断が大きく分かれます。

私がサロンにお客様として行く時は、スタッフのタオルワークが快適だと最初から、安心感でいっぱいになります。

タオルワークのコツと言うのは、もう、巻いて巻いて巻きまくる、つまり場数を踏むと自然に上手くなるんじゃないでしょうか。

言わずもがなですが、その際に、どうしたら、お客様が不快でないか、快適なのか、を常に考えていないと、いつまでたっても変化はありませんね。

私がイメージするのは、大事な自分の幼子が泣き疲れてやっと眠った時に、起こさないように、慈しみながら、そっとかけるタオルケットです。

もたくさ、バフバフとしていたら、また泣き出しちゃうかもしれません。そうっと、でも手早く、優しく、心地よく、という加減です。

えらそうなことを書きながら、よく考えてみると、私が施術する際は、いまだに試行錯誤してるような気がしてきました。

ターバンはお客様の皆様、髪の長さ、頭の形も違いますし、巻きの強さ加減の好みも違いますね。

ちょっと意識して、ターバン巻き頑張ってみます。

頑張れよ、と言う方は良かったらクリックをお願いいたします。

→   人気blogランキングへ

| | コメント (0)

触れる1

アロマテラピートリートメントでは、精油の入ったオイルで、お身体を優しく擦ったり、圧したりしつつ、心身の疲れを取り除いていきます。

触れる、という行為は、心拍数を下げ、脳波がリラックスを示すデータとなったという記録があります。(当然、同意を得た、快適な触れ方と言うのが前提です。)

触れるということで、快適感を得ると、緊張が緩和され、心身に開放をもたらします。

緊張がほぐれると、血行促進され、筋肉も弛緩し、老廃物を除去しようと身体をリラックスさせる神経がよく働いて涙や鼻水、涎などが、どんどん出てくる場合があります。

お仕事などで、いつも脳みそフル回転、そして運動不足な方でしたら、日常的に脳の一部を集中的に使っていて、身体を使ったり触れられたりしたときに刺激される部分が使われていない場合もあります。脳内の使われる部分が、一部に集中して、脳内でアンバランスを起こします。

そうすると疲れが抜けない、寝ても寝ても寝足りない感じがする、という感覚になるか、逆に疲れているのに、眠れない、ということも起こります。

トリートメントによって、触れられることで、脳内のバランスを整える効果も出てきます。

バランスを整えてあげると、人は自分で自分を健康にしようとする自然の力、自然治癒力が戻ってきます。

アロマトリートメントでは、精油の香りによる快適感と、精油成分による不調を改善に導く効果、手で触れる、という3つの相乗効果で、健康へのお手伝いができるのです。

Photo 応援してあげる、という方はクリックお願いします。

   ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

アロマテラピー

アロマテラピーとは何でしょう。

アロマテラピー人気ブログランキングをお読みの皆様は、もう飽き飽きかもしれませんが、今一度。

アロマテラピーとはフランス語のaromaとtherapieを結合した造語で、植物の精油を用いて、行う自然療法のことです。

1.リラクセーションや、リフレッシュに役立てる。

2.美と健康を増進する。

3.身体や精神の恒常性の意地と促進を図る。

4.身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す。

という目的で行われます。

(参考…アロマテラピーコンプリートブック及びAEAJ資格マニュアルより)

なんか文章が固いですね。

自分の好みや、状態に応じた植物の精油を使って、お手入れしたり、香りを嗅ぐことで、顔色が良くなったり、化粧ノリがよくなったり、疲れがとれたりしますよ、ということです。

ある化粧品の香りを嗅ぐと、母親を思い出して懐かしい心持ちになるとか、自分の匂いのする枕に顔をうずめると、力が抜けてホッとするとか、これもおおざっぱに言うと香りの力です。

香りの効果だけでなく、精油には、お薬とは違うのですが、気持ちが落ち着いて、眠くなったり、筋肉痛が軽くなったりする成分が含まれているものもあります。

私が個人的に使用した例では、ぶつけてしまった足の指の青あざが消えてしまいました。また、落ち込んでいた気持ちがずいぶん楽になった、ということがありました。

例えばベルガモットという香りを嗅いで、もう何もかもがスコーンと抜けた青空のような気持ちになったり、ラベンダーとレモンで草原の風を感じるような心持ちになったことがあります。

良い香りの中で、ゆるゆるとお手入れを受けて、日頃の心や身体の強ばりや、詰まりを取り除いてみませんか?

クリックしてもいいかな、という方はよろしくお願いします。

   ↓

Rank_003_1 人気blogランキングへ

| | コメント (0)

ご準備いただくもの

トリートメントにお越しいただく際にご準備いただくものです。

1.ボディコースの方へ…替えの下着(必要な方のみ)

ボディの方は、特に必要は無いと思いますが、一度取った下着を再びつけるのがお嫌な方は、替えの下着をご準備くださいませ。

2.フェイシャル(お美顔)コースの方へ…下地とメイク直し道具、コンタクトケース

フェイシャルの方は、お越しいただいた際のメイクはとってしまいます。

仕上げに保護クリームまでは、おつけいたします。

日焼け止めなどメイク直し道具の必要な方はご自分のものをお持ちくださいませ。

また目の周りのポイントをプッシュする手技もありますので、トリートメント中はできましたらコンタクトをはずしていただけますと助かります。

3.ヘアスタイルのこと

ブラシ、くるくるドライヤー、ドライヤー(イオンドライヤーではありません)はお貸しできますが、ヘアカーラーはございません。

トリートメント当日は巻き髪ですと、崩れる恐れがございますので、ご注意ください。

安価に抑えるため、至らぬ点もございます。申し訳ございません。モニター様のご意見やご様子を参考にさせていただき、今後、できるところから少しずつ改善をめざしたく考えております。

P506ic0004063511_1

お手数かもしれませんが、クリックしてくださるとすっごくうれしいのです

    ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

トリートメントの流れ

トリートメントの流れをご紹介します。

1.まずはお電話、メールで予約のご連絡をくださいね。

002001_1  Click_g

サロンの場所や電話番号などをお伝えします。トリートメントは女性専用となります。

トリートメントはアロマテラピーの精油を使ったフェイシャルか、ボディとなります。

お手入れのお時間をご予約します。

場所は松山市内コミセンの近くです。

ご連絡くださいましたら、メール、お電話にて場所を詳しくお伝えします。

2.トリートメント当日です。

初回の方は近くまでお出迎えいたします、リピーター様はそのままお部屋までどうぞ。

スタッフは私一人なので、皆様ご予約いただいております。

サロン外でのレッスンなどもありますので、当日飛び込み来店の方には、対応できなくて申し訳ありません。

3.遠いところをようこそ。

まずはとりあえず何かお飲み物でもどうぞ。

4.お手数ですが、体調や生活環境などを伺うシートにご記入をお願いいたします。

足浴で足を温めながら、今日のトリートメントはどこを重点で行うか、アロマテラピーに使う精油は何が良いかをお客様のお好みを伺いながら選びます。

5.お召し替えをしてトリートメントです。

お部屋でお召し物をお取りいただき、ベッドにうつ伏せに休んでいただきます。

フェイシャルのみの場合は、上半身のお召し物をお取りいただき、仰向けにお休みくださいませ。

全身の力を抜いて、心も身体もゆっくりとお休みください。トリートメントに入ります。

途中気になることがありましたら、遠慮なくお話くださいね。

6.トリートメント終了です。

多分力が抜けて、夢うつつ。ぼわわ~んっとされていると思います。

ベッドから落ちないように、ゆっくりと降りてくださいませ。

お召し替えしていただいたら、身体の毒素を排泄しやすくする為、水分補給の飲み物をお出しします。どんどん飲んでトイレへGOですよ。

多分トリートメント当日や翌日は、グッタリと力が抜けたり、だるかったりすると思います。無理をなさらず、ゆっくりと休むお時間をお取りくださいね。

なるべくアルコールや、カフェインは控えたほうが良いかと思います。

身体の排出力も高まりますが、吸収力も高まっています。

ハーブティーや、お水をいつもより多めにとり、トイレにはこまめに行くとよろしいかと。

疲れがたまっている方ほど、一気にだるくなる場合があるようです。

良からぬものが出た後は、スッキリしてくるはずです。

お手数かもしれませんがクレジットカードの取り扱いはしておりません。

お支払いは、一回ずつの現金払いになっておりますので、よろしくお願いいたします。

 

人気blogランキングへ クリックありがとうございます。

アロマ関係のブログが集まっているランキングです。

| | コメント (0)

サロンをする理由

私はエステや、アロマトリートメントを受けるのも、するのも大好きです。

もう、天職と思うくらい大好きなんです。

昔所属していたエステ会社では私には気にかかることがありました。

そのことについて書いてみますね。

エステ会社では、様々なことに卸値や人件費、教育研修費、施設費などで原価が、莫大にかかっています。

ということは、収益を出すためにはお客様にコース継続をしていただいたり、化粧品をたくさん買っていただくことに繋がります。

そして、お客様への美容効果と、会社の利益を出すため、エステサロンではお客様に新コースのご紹介、化粧品のご説明とお家でのお手入れをお勧めします。

研究を重ね、国外から講師を招き、研修されて作り出され、スタッフ達に伝達される新コースが一年に何度か発表されます。コースに合わせた化粧品も新発売されたり、リニューアルされます。

そのコースチケットを購入したり、ご自宅でゆっくりと手入れするホームケア化粧品がお好きなお客様もいらっしゃいます。

しかし、お客様によっては、強引に販売された、勧誘された、と感じられることもあるかもしれません。

もちろん大手のエステサロンのメリットもあります。

ゴージャスな施設設備、最新の美容機器、一定基準以上の教育を受けたスタッフ達が揃っていることなどです。

満足していらっしゃるお客様達もたくさんいらっしゃるのです。

ただ、どうしても高額にならざるを得ません。

エステもアロマも、心と身体をリフレッシュやリラックスさせることのできる、いいものです。

ですが、販売に関わる望まない話を聞かされて、トリートメントに不快感を抱く人や、いろいろな伝え聞く話で、エステティックって、アロマテラピーって、高額な所、と感想を持っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

また、たくさんのスタッフがいるので、毎回カウンセリング、施術、販売、お見送り、全部別のスタッフに当たり、なんだかいつもゆっくり話すことができないままに毎回終わってしまう、という場合もあります。

そしてチケットが無くなりかけた頃には、再びチケットの継続販売が待っている…。

なんのためにお手入れに行ってるのだろう?

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

私は、手ごろな価格で、気さくにお手入れできるサロンを作りたいと思いました。

美容室に行って、ちょっとした気分転換で肌をお手入れしてリフレッシュするサロン。

なんとなく頭や肩が重いから、柔らかくほぐして、明日からまた頑張れるサロン。

言ってもしょうがないことかもしれないけど、なんだか吐き出したいこの気持ちを、個室で吐き出して、胸やお腹に溜め込んでいたことをスッキリさせて身軽になるサロン。

そんなサロンを作りたかったのです。

そして、最初のお出迎えから、最後のお見送りまで、私一人でおもてなしできる空間を作りたいと思いました。

私自身が行ってみたいな、と思う小さな隠れ家のようなサロンです。

サロンと言うより気分転換のお部屋、かもしれません。

こんなサロンですが、興味あるかな、と思う女性はぜひメールしてくださいね。

興味深いブログがたくさんあります。良かったらクリックしてくださいませ。ペコリ。(礼)

  ↓

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »