« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

道後温泉椿の湯

Tubakinoyu_1 (←画像クリックで、椿の湯の説明に飛びます)

ふと思い立ち、道後温泉「椿の湯」に行ってきました。

温泉街のコンビニで必要なものをサクッと買って、ササッと入浴です。入浴後はマッサージ器100円で背中もほぐします。小旅行気分です。

道後温泉本館は、ご旅行の方たちで混み合う場合もあるのですが、本館近くのこちら「椿の湯」のほうはそれほど混み合うこともなく、ゆったり入浴できます。お値段も本館より少し安価です。

市街地から、温泉までは電車で10分くらいの距離です。アルスタークからは自転車でも30分位で到着します。

たまに、普段しないことをすると、それだけでリフレッシュされます。

ああ、そういえば、三つ子の魂百までとはよく言ったもので、私の祖母が風呂場から脱衣所に移る時は、体の水分をよく拭いてから脱衣所にいくこと、というのが、未だにしみついています。って、どうでもいいですね。

Banner_03_13 ブログのランキングに登録しています。お帰りにクリックしてくださるとありがたいのです。

| | コメント (5)

エサレン体験

ヨガの後は、ぐったりとなる。

疲れるというか、緊張がすべて取れて、心身の緩和、脱力、拡散状態になるので、ぼーっとなる。

ぼーっとしながら、エクササイズの待ち時間に読んでいた地方情報誌に、エサレンボディワークの記事を発見。

ヨガの後に発見するというのも、意味があるような。

ずっとずっと興味のあったワークなので、予約して、体験してきた。

愛媛で、エサレン(R)ボディワークを行っているのは、こちらしか無いように思う。

「ラ ブリーザ」さん

興味がある方はクリックどぞ~→006001

思いっきりはしょりますが、たいへん、非常に、とっても、心地よい時間を過ごせました。

肩こりを解消したい。足の浮腫みをとりたい。という主訴を直接的に、そのまま解消するというマッサージ、トリートメント、とは違う感じ。

触れられていることを楽しむ。

触れられながら、自分がここに在ることを実感する。

今、自分は生きていて、この場所にいる。

同じ空間には、寄り添うようにセラピストが共に在る。

何の恐れも、力みも無い。

セッション前の自分を、リセットして、いきなおす。

フェザータッチで背中と腰に手を置かれたら、そこから自然に心身が緩む。

足の先から肩まで、そして逆側に、肩先から足までずっと触れ続けるロングストロークを繰り返され、確かに優しい波を受けながら、ゆったりふわふわとしているイメージ。

帰宅してからは、もう眠くて眠くて、それはそれは大きな音で雷のなる中、夢うつつの夢遊状態で家中のコンセントを抜きまくり、ふか~く眠りこんでしまった。

まとまらないが、とてもいい時間を過ごしたのであったよ。

  ………‥‥‥ ・ ☆

読んでくれてありがとうございます。「人気ブログランキング」に参加しております。

良かったらクリックしてくださいませ。

  ↓

Banner_03_15

| | コメント (2)

職業欄

私は、トリートメントするのは当然好きですが、自分がトリートメントや指圧、マッサージを受けるのも大好きです。

受けに行く際のアンケートやコンサルテーションシートに記入する職業欄は、たいてい会社員とか、講師とか書きます。

自分の職業を隠すつもりも無いけれど、オープンにする気もあまり無い、のです。

わかる人には言わなくても、私がボディワーク系の仕事をしているというのは伝わるので、最初から言わなくてもいいかなあと思ってます。セラピストさんとの会話の流れで、職業のことを詳しく話すこともあるし、話さないままの時もあるという感じです。

以前、トリートメントを受けに行った時は、私よりも若い方で、「ベテランの方にすみませんっ!!」と、とっても恐縮されてしまって、申し訳なかったこともあります。 私は、エステ系統の仕事歴が長いだけで、ベテランというのではないです。

また同僚が、同業者に施術するのは、気を遣うからイヤーと言っていた事もありました。

私は同業者の方でも、施術させていただけるなら、ありがたいです。ご満足いただけなかったらその時は申し訳ないです、今後精進します。

昔は施術されているときに、この手技はどうしてるんだろう、と、興味津々だったのですが、今となっては手技よりも、トリートメントを受けている時間をセラピストさんと共に楽しみたかったり、一人で内にこもってしまいたくなったりします。

施術されながらも、多分こういう手技なんだろう、とは、なんとなく判るのですが、手技の方向や作用部位、コンセプトを自分のものにするには、難しいのです。ちゃんとレッスンとしての時間を取らないと私にはムリです。

トリートメントされながら、半覚醒、半睡眠状態を楽しむのも心地いいですし、一緒にずーっとしゃべり倒しているのも楽しいです。

施術を受ける時は、技術云々より、一日24時間の中の限られた大事な時間を、セッションを楽しむことに使いたいという感覚になっております。

Click_g_8

| | コメント (2)

周りが凄いので

最近パソコン等々、習いに行くことに。

で、今のクラスの人たちのレベルが高いのですけど…。

3級とるクラスじゃないのか、ココは。

今の私の状態を、ボディワークの話に置き換えるとすると。

サロンに5年勤めてますけど、資格が欲しいのでこの学校に来ました、とか。

整体してますけど、アロマの資格が欲しいので、この学校で自分の施術の幅を広げたいです、とか。

資格はあるんですけど、忘れてしまったので復習します、とか。

そういう人たちばかりの中で、まるで私は、「興味あってやってみようと思いました。えと、サコツって何ですか?甘いの?え、それはサトウだっ?」くらいな、失笑モノの場違いぶり…。゚・(つД`)・゚・ワケワカラン!

いきなりサンスクリット語に囲まれているような毎日。

しっかりと前を見たいのに、上マブタと下マブタがくっつきたがるの。耳をすませて講師の声を聞きたいのに、途中で音が遠ざかるの。無意識の渦に引き込まれていくの…ではなくて眠りに引き込まれてるだけなんですけどね。

(-_-;ウーン ついていけるのかなあ。

ガンバリタマエと思う方はクリックClick_g_7 ありがとうございます

| | コメント (0)

できないよ

今日、横断歩道前で、信号待ちで立っていたとき、自転車に乗った女の子が私の目の前で同じく信号が青になるのを待ってた。

20代前半くらいのカワイイ女の子。

手に持ってたタバコを、馴れた手付きで信号の傍の花壇ブロックにぐいっと押し付け、そのまま吸殻もそこに置きっぱなし。

おばちゃんびっくりこー。

自分の知ってる子なら、「誰がそんなことキミに教えたのかね。」←共通語バージョンもしくは、「ちょっと、今なにしたんぞね?誰にそんなことおしえてもろたん?」←伊予弁バージョンと言えますが、勇気がなくて何も言えず…。

知ってる子とか、自分が大事に思っている人なら、何か言ったけど、知らない人に怯えて、何も言えない私は、おばちゃん修行不足。

| | コメント (0)

リフレクソロジスト

最近、私にとってはたいへんなストレッサーが身近にあり、今日はもうヘロヘロで、とあるサロンさんに飛び込みました。

偶然、知り合いのリフレクソロジストさんが空いていたので、30分だけ、と思ってたけど50分コースでお願いしたら快くOKで、私はご機嫌です。

知り合いですから、気兼ねなく「今日はしんどいから、寝るからね♪」と伝えて熟睡してました。丁寧にしてくれて、かなり楽になれました。

帰りに、彼女がもうすぐこのお店は辞めると聞きました。

最初からグースカ寝ていて、帰りも時間がなくて、あんまりお話できなかったので、辞める理由もあんまり聞けなかったですけど、別のお仕事するのだそうです。サミシイな。

彼女のお手々は、それはそれは、つるつるのヤワヤワの触れられるだけで心地よい、しなやかな手指をもっている人です。私は羨ましくて仕方ないくらいです。

彼女もお手入れするの大好きで、いつも楽しそうにお手入れする人だったのに。

早く、エステ屋さんか、リフレ屋さんで独立してね。

私は、また会いに行くから。あなたの手も、あなたのことも大好きだからね。

Click_g_6 ブログランキング参加中なのです。クリックプリーズ♪

22日の夜リンクし忘れてたみたいです。ごめんなさい。

| | コメント (0)

マクロ

ぜんぜん、アロマとは関係ない、雑記です。

5月から表計算のエクセルを勉強していて、今日で最後の講座です。

マクロの初歩まできました。

まだ初歩の初歩で、ボタンを押したらセルの色が自動で変わりますよ~、とか、順序が自動で入れ替わってくれちゃったりしますよ~、くらいです。

馴れて、使いこなせたら、すごく便利で楽しいだろうなあと思います。

講師業の頃に使いこなせてたら、使い道もたくさんあったことと思います。あんなのやら、こんなのやら…。

私はコンピュータ言語というのは、わからないのですが、ちゃんとプログラムに成功したら思うとおりに動いてくれるけど、1字でも1スペースでも違ったら、違うデータが出てきたり、動いてくれないというのを実感して、感慨深いです。

人間とコンピュータは違うのだけど。

以前、講師業の時には、生徒さんは、こちらが段取りに失敗すると、思ったように吸収してくれなかったり、右に行って欲しかったのに、なぜかみんなで左にいってしまったり、私が思っていたよりも、とっても素敵になってくれてたりしたり、たまによっしゃドンピシャと動いてくれてたり、マクロをいじりながら、似てるような、でも違うなあ、とディスプレイを無表情でみながらも、心の中で感慨に耽ってしてみたりしてます。

O先生、お世話になりました。たまに寝ててすみません。でも面白かったんですよ。ありがとうございました。

| | コメント (2)

パルマローザで打ち水

朝から出かける用事があったので、起床後すぐに清掃。

朝は玄関を開けて、ベランダに水を流すと、冷たい風が吹き抜けてくれます。

精油たちの中で、悪いけど、出番がなくて、あんまり使わないパルマローザを2,3滴落とした水で、打ち水してみました。

甘い香りが、冷たい風とともに、部屋を駆け抜けます。早起きは3文の得ですな。

パルマローザは、好きだけど、可哀想なことに、私が、あんまり使いこなせなくて、いつまでも残ってしまいます。

ゼラニウムと、ローズウッド、ローズが居れば、パルマローザさんでなくちゃ!ということがなんだか少ないのです。

微かにバラを思わせるらしいのですが、私にはパルマローザはパルマローザでしかない、という感じです。まだゼラニウムのほうが思い出せるぞ。どうせ、そうならゼラニウム使っちゃうもんね。

パルマローザは皮脂調整作用、皮膚の再成長を促し、消化器系の強壮作用、心の鎮静とリフレッシュ作用があるようです(『アロマテラピーの為の84の精油』参照してます)。しかしですね、いまひとつ使いこなせないので、しばらくは打ち水用の精油となりそうな予感がいたします。

食欲を取り戻す作用があるようですから、夏ばてで食欲の落ちた方にはいいかもしれません。(悲しいかな、私には必要ない)

パルマローザよ、悪いが、君は、打ち水用だ、ウチではな。

Banner_03_12 ←読んでくれて、ありがとうございます。クリックしてくれると嬉しいです。

| | コメント (0)

べチバー

好きな香りにべチバーがあります。

べチバーは静寂の精油、安静の精油とも呼ばれ、気持ちを落ち着かせ、緊張を和らげます。ニキビにもいいらしいが、私はニキビには使っていません。正直、顔につけると香りが濃厚です。

べチバーは、サンダルウッドやパチュリのように、古くなっても熟成され、香りの質がよくなります。(余談だけど、最近サンダルウッドが値上がりしててとっても悲しいよ。)

生理を起こしやすくしたり、神経を刺激しすぎる場合があるので、妊婦さんや乳幼児には注意が必要ですよ。

私と、べチバーとの出会いは、ゲランのべチバーという香水の名前と同じ精油があることを知り、当時、勤めていた会社の社員販売で精油を購入したのが出会いです。

商品到着後、ワクワクしながらべチバーのふたを開けると、…

と、いうか、開かないよ…。

むちゃくちゃ粘性のあるオイルで蓋が固まっていました。しかも限りなく黒に見える茶褐色。え、これが精油ですか??

嫌な予感がしながら、ムリムリっと開けると。

しぶーい、いがらっぽーい、えぐーいニオイが! くっさーいいい!!

腐ってるのか~!!

第一印象…オエエエェッ!でした。

あれは、ショッキングでした。おえっぷ>Orz_03_2 ダッテ、ホントニ、クサカッタンダモン。

初めてのべチバーさんは、捨てたか、サロンに置きっぱなしにして、知らん振りしたか、もう忘れました。

ところが、どこでどうしたもんだか、これがアロマランプに垂らしておくと、芳醇で心地よい香りに感じるのですねー。

私には、ココシャネルの残り香を連想するような、ゴージャス感が垣間見える、粉っぽい甘みのある香りに感じられます。呼吸が深くなるようです。

ちなみに、私の好みは、べチバー、パチュリ、サンダルウッドと重みのあるベース系の香りが多いです。

いつも頭に血が上っているんでしょう、あわてんぼなんで。

好きな組み合わせは、オリエンタルムードなべチバーとゼラニウムとか、妖しいゴージャス感でべチバーとジャスミンとか、意外やべチバーと柑橘系、なんですけど、自分がべチバー好きなせいか、どの精油とでも合うような気がします。

べチバーの香りには、どっしりとした大地のような存在感があります。

他の精油と合わせるとき、べチバーの量は少なめにしないとべチバーの存在感が、ずずいっと前面にでてきちゃいます。(ジャスミンとは同量でも、ナイスカップルでダンスを踊っているようです。)

私が思うに、べチバーって他の精油と相性は悪くなく、ブレンドされた相手の精油を支え、相手の香りに深さを与えて、陰影をつけ、魅力を増してくれるような気がします。

人気ブログランキングに参加しております。応援してくれると嬉しいです。

クリックプリーズClick_g_4 ありがとうございます。

| | コメント (0)

南の島の話

イランイランの香りは南国の香りです。

南国といえば、南の島で私のお気に入りはポンペイ島です。

ミクロネシア連邦政府観光局公式サイトさん、勝手にリンクさせてもらいました。ありがとうございます。

ポンペイ情報Click_g_2

この島のイメージは、プルメリアとイランイランの香り。

ただ、現地では、プルメリア系の香料をお身体中に振りかけているローカルの方々が、割と多く…。

暑くて湿気の多い島ですので、汗などの体臭と香料のブレンドされた香りを身に纏っていらっしゃるとですね…。たまりません。Orz_03

初めて、旅行した時は、信号がなかったのですが、2回目に行った時は空港付近に信号ができてました。今はもっと信号あるんじゃないでしょうか。5年くらい行ってないですけど。

島の雰囲気は、とっても大らかです。そういえばカタツムリはサザエかと思うくらい大きいです。

犬がよく走ってます。飼っているのか、野犬なのかよくわかりません。

おめでたいときには、犬を食べるのがごちそうだそうなので、放牧でしょうか。

6時の待ち合わせが7時になるなんて、あたりまえです。

急いでいても優雅に歩くのです、小走りすることは、はしたないことなのです。

この大らかさに惹かれています。(犬はあまり食べたくありませんが。)

現地で暮らしている人によると、まあいろいろローカルの方々と日本人間にも、トラブルもあるようですが、私が旅行で行った時は、気分が悪くなるようなことは全くありませんでした。

治安も良く、親日的で、日本食もふつーにスーパーに並んでいるし、空も海も抜けるように青いし、ビールは旨いし、水道水飲んでもお腹こわさないし、生のコショウは旨すぎるし、最高でした。

コショウといえば、おむすびに生のコショウをいれたものや、コショウ入り紅茶が美味しかったです。フレッシュかつスパイシー、爽やかな香りがして、辛味が強くなくでお米の甘さや紅茶の香りを引き立ててました。冷奴に乗せても美味しいのです。

一度、たまたまレストランで、ご家族と食事にきていた大統領に出会い、握手してもらいました。

あまりにもカジュアルで、警備らしき人もおらず、村長さんか!?という雰囲気でした。

ポンペイ島の刑務所は、「え、これって、すぐ脱走できるやん?」みたいな小さい建物でした。凶悪で、複雑なトラブルがあまりないそうです。

第二次世界大戦中は日本軍が入っていたので、電信柱とか、自動車という単語がポンペイ語なっているそうです。参考Click_g_3

何回でも行きたい島です。

イランイランの香りを嗅ぐと、ポンペイ島を思い出します。大らかで開放的なイランイランの香りは、南の島の香りです。

Rank_003_2 人気ブログランキングに参加中なのです。クリックプリーズ♪

| | コメント (4)

イランイラン

アロマテラピーに使う精油ですが、私の苦手だったのが、イランイランです。

濃厚な、南国の花の香りで、大好きな人は、もうこの香りにはハマリます。

甘く、開放的で、うっとりするような香りです。

緊張を緩和し、ドキドキと早い心拍を抑えてくれるという働きもあるのです。

最近は、苦手ではなくなったとはいえ、今でも、私は大好きとまではいかないですなあ。

多分ですね、以前南国に行ったときに、現地の方々がたいてい、イランイラン系のフレグランスを濃厚につけていて、それでよく気分が悪くなったことがあるので、その条件反射のようなところがあるのかもしれません。

それと、イランイラン、水仙、金木犀、は私の大好きにはなれない香りなのです。共通成分があるに違いないと睨んでいます。

ところで、南の島は大好きです。

しかし、現地の方が、香料を多量にお体に振りかけて使っていることと、ゴキブリがカブトムシほどにでかかったのには、馴れませんでした。Orz_03_1 

人気ブログランキング参加中です。Click_g_5 クリックありがとうございます。

| | コメント (0)

這ってでも無理

個人的な、思い出と絡めてのお話です。

前のエステ会社は、体調悪くてもとりあえず、這ってでも出勤、という会社でした。

誰かが急に休むと、お客様や同僚たちに、たちまち迷惑がかかる職場で、余剰人員はいませんでした。

ですから、退職したい場合、希望は早めに伝えます。

新しいスタッフを配属させるのに新人への技術研修で約3ヶ月はかかりますので、募集して面接して、研修してというと、相当の時間がかかります。すると、これまた同僚、お客様に迷惑をかけてしまうのです。

ということは、当然、ある程度予想のできる人生のイベント、結婚、妊娠、出産は、早めに上司と相談するのが当たり前だったのですね。

円満に引き継いで退職されたスタッフがほとんどなのですが、諸事情で急に来られなくなるスタッフもいました。その余波で、ワタクシもしばらく休日が消えてしまったことがありました。ええ、しんどかったですとも。当時の店長がスタッフへの負担を減らすべく相当頑張ってくれてましたが、しんどかったです。

妊娠したスタッフに、おめでとうって、良かったねって、言ってあげたいのに、自分の休みが消えて、疲弊して、どーしてこの時期に妊娠するのかなあ~。と恨みがましい気持ちになったものです。ゴメンヨ本当に疲れていたんだ…。

三つ子の魂百まで、と言いますが、社会人になってから刷り込まれた「妊娠は計画的に」のキャッチフレーズは、最近まで私の呪縛のようなものとなっていました。

お金をいただくのだから、自己管理は自分の責任。

何があっても体調を崩してはいけない時期が仕事人にはある。

妊娠は、仕事している女なら、自分で管理して当たり前。

こういう刷り込みでしょうか。

でも、最近、人間だから、プログラムを実行するコンピュータじゃないんだよなあ、きっと。という感覚になってきました。

私の理想の妊娠出産は、産むぞ!の気持ち万全の体制を取り、腹に入ってきてくれたときから、諸手を挙げて、よお来てくれた!!と叫び、四六時中腹を撫で回して話しかけ、十月十日待ち焦がれ、待ち望み、産んだ後一年間は赤子の望むように触りまくりたいものだなあ、と思ってはいるのです。もんのすごい理想です。理想が高すぎるのか望みが叶いません。

誕生後1年は、人生の中で、自他に対する基本的信頼感が育つ時期、と聞いたことがあるので、頭でっかちな理想でございます。

Banner_03_10 ←ランキング参加中なので、押してくれるとありがたいです。

人生って、そういうわけにはいかないんでしょうなぁ。

だから、面白いのかもしれないです。

| | コメント (0)

AEAJ認定アロマセラピスト

今日、(社)アロマ環境協会から アロマセラピスト試験の結果が来たよ。

学科試験、実技試験、カルテ審査、すべてに合格の通知が来たー。

思い起こせば、昨年3月から、学習を始め、5月に1次試験2次試験、冬に実技試験、年が明け、今年4月に審査用カルテを提出して一年半過ぎた~。

夕方から夜中、モデルさんのご予約いただいて、自宅とは別の場所で施術して、洗濯物の山を持って自宅まで、夜中に帰宅したり。別の日はカルテ書いてたら明け方になってしまったり。

試験後は、もう絶対落ちたと思っていたのに、周囲の人が励ましてくださって元気をくれた。

審査用カルテも、忘れていたり、勘違いしていたり、誤字があったりで、提出前の清書が思ったよりも大変だったなぁ。

合格やー、ありがたやー。

モデルさんになってくださった方々、また試験を見てくださった方、審査してくださった方々ありがとうございました。

アロマセラピストって自信をもって言えるように、今後も研鑽していきます。

今日、通知の来た方々多いのかな。

合格された皆々様、おめでとうございます。やほーい。

Rank_003 人気ブログランキングに参加中です。嫌じゃなかったら、押してみてね。

↑無料の素材屋さんで、もらっちゃった。キラキラボタン。ここでもらったよ。Click_g_1

| | コメント (6)

這ってでも来い

新人エステティシャンの頃、上司達から懇々と言われたのが、「這ってでもとりあえず職場に来ること。」「来られない時は入院か事故。」「連絡もできないのは大病。遅れる、休むときはとにかく連絡すること。」「具合悪かったら早引きしていいから。」でした。

私の最初に配属になった店舗は、本店です。

長くご贔屓にしてくださっている方、VIPもたくさんいらしていました。みそっかす新人スタッフの私は近づけないVIPです。(優秀新人スタッフは近づいてましたよ、もちろん。)そんなVIPの方々が、ご多忙な時間を割いてお越しくださる店ですから、ご迷惑をかけるとは滅相もございません。

予約制で、びーっちり予約の詰まっている店だったから、一人スタッフが欠けると、休んでいるスタッフが呼び出されたり、本来は技術をしてはいけない管理職が技術をしたり、誰かスタッフのお昼が無くなったり、協力して時間をヤリクリして接客します。せっかくの久々の休みに運悪く呼び出され、休みが無くなるスタッフはもうボロボロです。

管理職は本来、店舗管理業務をしなくてはならないのに、お客様に入るとお店全体のことに目が行き届かなくなり、お店に最終的に不利益となるため、施術は厳禁でした。

最悪、予約がどうしてもまわらない場合は、お客様にお詫びしてご予約を変更していただくのですが、お客様に予約を替わっていただくのは、言語道断、あってはならぬ、というな雰囲気がありました。

それは、当然です。先にも書きましたが、ただでさえ予約の取りづらいお店に、高いお金を払って、予約日を待ちわびて、お客様が遠くからわざわざ時間を作って、お越しくださるのです。お断りするのは、あまりにも申し訳なさすぎです。

新客様ですと、ワクワクドキドキの期待感で時間をやりくりしてご予約してくださってます。期待に沿うことができると、ご契約して常連様となってくださるかもしれません。これも、お断りなぞ、心苦しすぎます。

それより、遅刻する、休むとなると、同僚、先輩にその日の仕事を肩代わりさせてしまうことになります。

朝の準備と夜の片付け、膨大な洗濯物、あらゆる掃除箇所、山のようなカルテだし等バックルームの仕事の数々。これもまた同僚、先輩に申し訳なくて休むなんぞ、縮み上がりです。

ということで、とりあえず具合悪くても職場に行くという習慣が、エステ会社勤務で身につきました。

昼休みに点滴したり、空き時間に空き部屋でベッドに横になれるのが救いです。赤外線やホットマットが空いていれば、包まって暖をとります。お腹が痛い時はトイレはウォシュレットです、お尻の粘膜には優しいかもしれません。

インフルエンザとか、伝染病の場合は、休まないといけませんけどね。

その後、転職した職場は、具合が悪いときには、授業がなくて、仕事の段取りさえつければ、なんとか休めるのが天国かと思うくらい嬉しかったです。

で、エステ会社時代に、寝過ごして遅刻はあります。

遅刻した時のペナルティは、最初の店舗は朝のセッティングをすべて一人で行うのでした。

一人でスチーマー用の精製水を、しこたま作るのはしんどかったです。水ができあがるのをずっと待ってるのは時間の無駄だし、ちょっと目を離すと溢れているし。とほほです。ホットタオル用タオルと冷タオルなんか何百本絞ったんだろう。

結局、干してたタオルなんかは、たたみ終わらなくて、早く来た人が手伝ってくれました。その時は、もんのすごーく嬉しかったです。

もう、16年くらい前の話なので、今は違うのかもしれません。

お客様と接する時は、ニコニコで、でも裏では糸くずにまみれながら洗濯物片付けたり、カルテ書いたり、化粧品の管理したり、ご飯かき込んだり、汗で化粧はよれよれで、具合が悪くても、でも、お客様と接してる間は元気になれてました。

お客様が好きだったり、お手入れが好きだったり、ありがとうって言ってくださるのが嬉しくて、頑張れちゃってったんだろうなあ、と思います。

こっちが元気にしてもらって、それでありがとうって言ってもらえる仕事を見つけて良かったなあって、思えるのです。

Banner_03_14  人気blogランキングへ ←押してくれるとワクワクです。

| | コメント (2)

喫茶店

夜が密かに秋めいてまいりました。空気が鄙びた感じとでもいうのか、夏の勢いある青い匂いとは違ってきてる気がする。

今日は時間つぶしする必要があって、入ったことのない喫茶店へ入り、待ち合わせ時間まで過ごす。

家だとダラダラしてお勉強できないので、こういうときに本読んだり、予定を立てたり、問題集をしたりする。

しかし、当たり障りなさそうだから、と入ったこの喫茶店が久々の大失敗。

アイスティーは氷が解けてぬるい。レモンはキチンと洗ってないのか、レモン近くのアイスティーを飲むと変な味がした。ケーキは元々あまり期待はしていなかったので、いいんだけど。

お水とお絞りも最後まで出てこなかったし。

ケーキセット約800円。…ドトールのアイスティーとケーキの方がよかったか?!

喫茶店でアルバイトしていたことがあるから、「お冷とお絞りをサッと出すのは喫茶店の基本」と当時のマスターに言い含められていた私。

もう二度と行かないと思うよ。

マスターとママさん元気かなあ。いい人だったんだけど、連絡しない間にお店がなくなってしまったよ。上京した私に小豆島のそうめんを送ってくれたり、あんないいマスター、ママさんいなかったよ。

と、学生当時のアルバイトを思い出していた昼下がり。

教訓1。連絡は自分からとること。

マックでジンジャエール啜って時間つぶしたほうがよかったかも。

まあ、きっとお店も忙しかったんだろうね。たまたまだよね。

教訓2。

私も忙しいと無表情になったり、うっかり忘れてしまったりするので、気をつけよう。

その後も、郵便局で手続きがあり、とっても感じよく説明してくれた窓口の局員の方に癒された私。やはり笑顔は大事~。

Banner_03_9 ←これをコチっとクリックしてくれると感謝感謝です~。

| | コメント (0)

一新

私の夏休みが終わったので、気分を変えて、スキン変えてみました。

秋に向けて、しばらくは、赤系で行ってみようと思います。

癒し系では、無い色かもしれないですが、しばらく飽きるまでは。

夏休みで気分がだれ気味のようだったので、さぼりたいなーと思う心を励まし、ヨガへいきました。

私のお気に入りヨガは瞑想から始まります。BGMはクリスタルボウルの音色で、ココチよく音の響きが波のように、全身に共鳴します。

このヨガでは起承転結のある進行で、レッスンの一時間に、物語を感じるのです。

いつも終わった後はものすごいダルさとネムケがきますが、身体と心が喜ぶようです。

ヨガの後、繋がったという実感があります。何が繋がったの?と言われても表現できないですけど、繋がるというか一致するというか、安定するというか。高ぶっていた自分の中の何かや、落ち込んでいた何かがすとんとあるべき場所に落ち着くようです。

ヨガのインストラクター(ファシリテーター?プラクティショナー?)いわく、ヨガの本来の意味が、繋がるとか、一致するという意味だそうなので、このインストラクターの方の誘導がいいのだろうなあーと思います。

今週末から、来週と予定が入っておりますが、頑張りますよ。

Banner_03_11  気が向いたら押してくれると嬉しいな→人気blogランキングへ

| | コメント (0)

夏休み

野球拳おどりは、集合場所に移動する頃からどしゃぶりの夕立になりました。

各々が「雨女はだれ!!」と、なすりつけ合いをしながら、走って走って集合場所へ。

しかし、頑張って走ったのに、夕立のせいで思っていたより、少し集合が遅れたらしく、プログラムの順番より後ろに並ぶことになりました。

汗拭きようのタオルは、踊る前から、雨を吸ってぐっちょりです。汗拭きの役に立ちませんでした。

全員がびしょびしょ、汗と雨の飛沫をキラキラと飛び散らせ、楽しく踊っておりました。私は後方だったのですが、みんな嬉しそうな、楽しそうな顔で踊っていました。

足元悪い中、全員怪我も無く、無事に踊り終えました。

振り付けの先生、監督さん、その他の係をこなしてくださった方々には、本当に感謝でございます。

その次の日は、早朝から高知へGO!

Photo_4 

この写真は室戸岬です。

少し台風が近づき、波が立っています。白い波が岩にぶつかって勇壮で、散る白波がキレイで、気持ちがスッキリしました。

岬を過ぎて、海岸線で、ダイビングしている人に会いました。お話するときさくな感じで、海岸からの海に入り、水深10mくらいまでしか潜れないですねー、波がけっこうあるんですよー。珊瑚?見えないねー。と話してくれました。

こういう波の日は海に入る(エントリー)ときと海から出る(エキジット)ときが難しいので、みんなスゴイなー、上手いんだなあーと感心しました。

私なぞ、こんな風のある日のビーチントリー時にはフィンが取れ、エキジット時には、浜とタンクに波の力で打ち付けられ、体中あざまみれになって満身創痍となるはずです。それに水深10mくらいの位置をキープするのって難しいのです。18メートルくらい行くと浮力が安定します。え、私だけかな。

夕食は、たのしみにしていたかつおのタタキです。

Photo_6 

このカツオがわら焼きタタキとなりました。

魚のクサミが無くて、わらの香ばしさが芳しく、ふっくらしたカツオからにじみ出る旨みがまさしくジューシー!

たれも、フレッシュで、酢のツンとする感じが無く、サイコー。このお店のタタキを食べるために生きている、と言ってもいいぞ。

タタキを死ぬほどたらふく食べて、帰りました。夏休み終わり~。またガンバロ。

| | コメント (0)

晴れていれば、ベランダと玄関先に水を流しながら掃き掃除をします。

雨が降っている日と曇っていて湿気の多い日は、いつまでもベランダも玄関前も乾かなくて、濡れたベランダ、玄関先を歩くと滑る、汚れる、で大変ですから、私は水を流せません。

はじめのうちは、単なる掃除のために水を流していたのですが、だんだん、水を流すという行為が、気持ちの切り替えになっています。

昨日までの、自分が新たに再生されるような、おおげさながら、そんな感じがします。

野球拳踊り行きましたー。楽しかったです。明日が本番なので頑張りますよー。

今日、他の連の踊りも見ることができました。カッコよかったです~。

い組さんは、渋い!

琉球団さんは、太鼓の音で、気持ち揺さぶられてなんでか涙でそうになりました!

↓気が向いたらクリックしてくださいますと、ウレシイのです。

人気blogランキングへ

| | コメント (0)

野球拳

今日、明日と松山まつりの野球拳おどりに参加します~。

↓参考までに野球拳についてのWikipediaの解説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野球拳やきゅうけん)とは、愛媛県松山市に伝わる郷土芸能、宴会芸である。本来は三味線と太鼓を伴奏に合わせて歌い踊り、じゃんけんで勝敗を決する遊戯であるが、テレビのバラエティ番組の影響で、じゃんけんで負けた相手の服を脱がせるゲームとして広く知られており、お色気ゲームとしての認識がより一般的である。

野球拳おどりは、松山に住んだばかりの頃、(服を脱ぎながら踊るのか?)と思っていたのですが、参加してみたら違いました!野球拳の音楽に合わせてのダンスでした。(よかったです。脱ぎながら踊っては、世の中に多大な迷惑をかけてしまいます。)

上手ではないけど、踊っているのは楽しいです。

| | コメント (0)

サロンワークのこと3

ヘルプや、転勤したサロンの中には、坪数は忘れてしまいましたけど、200坪だか300坪だかだったような気がするのですけど、スパ、プールつき大型店がありました。

お客様がたまにどこでお待ちになっているのか、行方不明になることもありました。

常連の方ですと、時間前に所定の場所でお待ちくださっているのですが、ご新規の方、一泊だけでのエステのパックの方は、ご説明させていただいたはずなのに、なぜか居なくなってたりしました。

スタッフの知らない間に、ご自分のお部屋に行かれていたり、お時間なのに、プールの中に居たり、テラスの外に出て日光浴されていたりしてました。

いらっしゃらない場合は、スタッフは静かに素早く駆け回り、お客様を探します。サウナの中、トイレ、リラクゼーションルームなのか、時間は限られてます。10分見つからないと60分コースの方は50分で上げることになります。10分見つからず、しかも着替えてない場合、サウナや、プールの中でビチャビチャだったりすると、20分はコースの時間が縮まります。60分コースを、40分でコースをあげるのは至難の業です。私にはできなかったので、ずっと一日中ずれ込みまくりでした。

今はちっさい隠れ家サロンで、店は隠れてますけど、お客様の隠れるスペースは無いサロンなので走り回ってお客様を探すことも無く、ありがたいですね。運動不足かな。

人気blogランキングへ良かったら押していってくださいー♪

| | コメント (0)

サロンワークのこと2

思い出です。

新人の頃は私は、お荷物エステティシャンだったので、よく先輩に注意してもらってました。容姿端麗でなく、技術もなく、数字も作れず、でも技術が好きで練習はわりとうれしそうにしていたからか、可愛がってもらいました。(でもモデルのときに熟睡したこともあります、ほんとに申し訳なかったです、凄腕T先輩だったのに)

どんくさいので、自分の技術を覚えるのに、必死で周りを見ることができていませんでした。

先輩に恵まれていたと思います。周りが私たち新卒を育てようとしてくれてた店舗に配属になりましたし、そのときの上司が新卒を育てようとしてくれていました。

当時は多分今よりもこの業界の離職率が高かったかもしれません。

バブルの頃で、しんどくて低収入のボディワークより、若い女性には魅力ある仕事がたくさんありました。留学したり、公務員試験を受けたり、IT業界に移ったりと、転職するスタッフも数多かったです。

離職率が高かったせいか、特に新卒は大事に育てるように会社トップから何度も念押しがあったようでした。

注意された内容で覚えているのは、もっと自分の周囲へ気を回しなさい。とか、タオルのたたみ方が乱れているとか、お客様の目に見えないところでも、お客様への誠意を示しなさいなど。

例えば、自分が使った化粧品のボトルは使った後は拭いて、別のスタッフが触ったときに、ヌルヌルしないようにしておく気遣い。タオルはみんなが手を洗う洗面所に直に置くのでなく、洗面器などにとってからホットタオルを作る。タオルをきれいにたたんで置くと収納の効率も良いし、見た目も心地よい。

この仕事は、個人の技術でできるものでなく、周りのフォローや、連携など、報連相、がしっかりしていてこそ、お客様にもお店全体が信頼され、信頼が数字となって現れます。

今は、一人でのサロンワークですが、他の業種の方たちとの連携もとり相談しつつ、お客様にとってよりよい効果をだすことが必要なのだなと感じます。

人気blogランキングへ←クリックするといろんなブログが見られます。四国関係か、アロマ関係に飛びますよ。

| | コメント (0)

サロンワークのこと1

エステ会社に勤務で、サロンワークをしていたのは、もう数年前になります。

サロンワークでは、お客様をスムーズにご案内し、施術し、お送りします。

スタッフは無駄な動きは省きます。

お客様には快適に過ごしていただくための空間でお待たせして、無駄なお時間を過ごしたと思われては申し訳がありません。予約も詰め詰めに詰まっておりましたので、5分遅れると最後のお客様まで5分ずれ込んでしまうのでした。

特にお部屋の中では、使う化粧品、タオル、ホットキャビンなど機器の位置など決めておき、無意識でも手が動いて、最短時間で化粧品を取り、タオルを出しいれし、機器を音を立てずに動かします。(しかも、馴れたスタッフほど化粧品の中身の取り方も清潔です。まちがってもチューブの真ん中からグシ、と出したり、クリームの中身にゴボと指突っ込んだりしません。変に空気や、指が入ったら化粧品の持ちが悪くなります。)

お客様のお肌からスタッフの手が離れる時間はパックの規定時間以外は、最小にするようにと仕込まれました。

ゴミ箱の位置もたいていスタッフごとに決まっています。音を立てず(←これポイント)にすばやく使用したコットン、ティッシュなどのゴミを捨てるのです。

ところが自分の店舗以外へヘルプに入った店舗などですと、化粧品の位置が違っていたり、タオルの置き場所が違っていたりで、ホームグラウンドである店舗よりは、借りてきた猫だか、陸に上がったペンギンだかのように、動きが鈍くなるのでした。

で、今のサロンルームですが、やっぱりまだ馴れてません。

まだモニター様がポツポツなので、余裕を持ってご予約時間をとれるせいか、エステティシャン現役バリバリのころのような、ペンギンが海中で泳ぐほどの素早さはありません。

でも、お客様とともに、私もゆるゆるとお手入れさせていただいているので、これもまたありがたい状況です。

人気blogランキングへ←クリックしてくださるとうれしいのです。

| | コメント (0)

触れる3

最初に書きますが、私は、心を読めるとか、占いができるとか、ヨカラヌモノが見えたりはしません。

ただ、不思議なのですが、この仕事をしていると、なーんか伝わってくるものがある時があります。

…意味がわかりませんね。すみません。

お客様の肌に触っていると、私が心地よ~くなってきたり、切なくなってきたりすることがあります。

心地いいのは、多分お客様がふわふわ、うつらうつらしてるときなので、シンクロしちゃうのだろうなあ、と思います。

切なくなってきたのは、もしかしたら、その時に担当させていただいたお客様が、とても素敵な出会いをした後だったから、そういうハートの鼓動が伝わってきたのかもしれません。

お客様の感情というのか、気分というのか、お客様の肌から私の手へ、伝わってくる事があるのです。

(あ、いつもじゃないです。残念ながら。)

以前、エステの練習をしていた学生さんが、「こうやって練習してると相手のモデルのことが愛しくなってくるんよねえ~。」と話していました。

確かに、お手入れしていると、そんな感じです。愛しいというのか、楽しいというのか。

触れるという行為で、セラピスト側に、相手の感情が伝わったり、自分自身が気がつかない自分の感情が喚起されることがあるようです。

先日買った本の帯にこんな言葉が載っていました。

『人に愛情をもって触れること、すなわち愛撫は、本人の対人関係の本質をみごとに反映する。うまく行うと自分自身の心に気づきを与え、それを癒す力をもっている。』

参照ー愛撫・人の心に触れる力…山口創著 NHKブックスよりー

興味のある方は→amazonリンク

この仕事は、お手入れする側も、癒されてしまうという不思議な仕事です。

人気blogランキングへ  クリックしてくださってありがとうございます。

| | コメント (0)

意外なことに

フェイシャルのお手入れをして気がつくことです。

ご自分では気がつかないけれど、意外なことに色素沈着してる部分、があります。どこでしょう。

これが、アゴの下で首の手前の部分と、耳の手前つまり男の人のもみ上げのある部分です。ココに日焼け止めやファンデーションの塗り忘れをしたり、クレンジング不足のため、日焼けや色素沈着している方をたまにお見かけします。

特にアゴの下は、照り返しで意外に紫外線にあたりますから、しっかりUVケアしましょうね。そして家に帰ったら、きちんとクレンジングです。

シミはできてから薄くするのは、とーっても時間がかかります。予防するほうがどんなに楽か、というのはこの仕事してから実感しています。

夏でも、熱射病で倒れそうなほどの衣服で完全防備まではしなくても、と思うこともありますが、むちゃな日焼けをすると、後でたいていシミができます。

海に行く時は、これまた意外に焼けるところが耳たぶです。髪の短い方は特に注意してみましょう。海に行った日の夜や、翌日から耳たぶが日焼けで痒くなったり、いつの間にか皮がむけてたりすることもあります。

お身体では、肩と背中上部はシミになりやすい部分です。髪の短い方やアップにする方は首の後ろです。焼けすぎないようにUVケアするなり、こまめに肌の上にタオルやパレオなど、何かを羽織っておくだけでも違います。

ちなみに、紫外線に当たると体内でビタミンDが作られます。近年二十歳~三十歳未満の人たちの血液中のビタミンD量が減っているというデータがあり、日焼け止めの効果かもしれない、といわれています。ビタミンDは、日常生活で15分ほど日光にあたれば必要分は、作られます。

昔は日焼けした子供の「夏休みまっ黒大会」みたいな大会が海水浴場であったのですけど、今はあるのでしょうかねえ。

実家に帰って猫と遊んできました。暑いので玄関と、台所の石畳の上がお気に入りで、静かだなあ、と思うと石畳のところで伸びていました。私も試しに台所の床に転がってみたらとってもヒンヤリ。猫は涼しいところを探すのが上手です。

気が向いたらクリックしてくださいませ~。→ 人気blogランキングへ

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »