« 這ってでも無理 | トップページ | 南の島の話 »

イランイラン

アロマテラピーに使う精油ですが、私の苦手だったのが、イランイランです。

濃厚な、南国の花の香りで、大好きな人は、もうこの香りにはハマリます。

甘く、開放的で、うっとりするような香りです。

緊張を緩和し、ドキドキと早い心拍を抑えてくれるという働きもあるのです。

最近は、苦手ではなくなったとはいえ、今でも、私は大好きとまではいかないですなあ。

多分ですね、以前南国に行ったときに、現地の方々がたいてい、イランイラン系のフレグランスを濃厚につけていて、それでよく気分が悪くなったことがあるので、その条件反射のようなところがあるのかもしれません。

それと、イランイラン、水仙、金木犀、は私の大好きにはなれない香りなのです。共通成分があるに違いないと睨んでいます。

ところで、南の島は大好きです。

しかし、現地の方が、香料を多量にお体に振りかけて使っていることと、ゴキブリがカブトムシほどにでかかったのには、馴れませんでした。Orz_03_1 

人気ブログランキング参加中です。Click_g_5 クリックありがとうございます。

|

« 這ってでも無理 | トップページ | 南の島の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 這ってでも無理 | トップページ | 南の島の話 »