« 失敗 | トップページ | お手入れ受ける »

セラピストさんとの出会い

仕事がら勉強のためもあって、あちこちで指圧、マッサージ、鍼、トリートメントを受けました。

その中で、とても心に染み入る出会いをしたサロンさんもあります。

サイドバーに載せさせていただいているvenusさんの所もその1つです。

ああ、こういうスタイルの施術があるのだ、と開眼させられたサロンさんでした。

話は変わりますが、若かりし頃、何度か伺った下北沢のマッサージ屋さんは(指圧屋さんかもしれませんが)、転職してマンションで開業していらっしゃる熱い先生でした。初めて行ったときに、腰の痛みがスッキリととれて、何度か通いました。

エステの仕事が辛かった時、お客様から悪い気を受けてしまうことはありませんか、と私が彼に聞くと、そんな考えで施術するのは、お客様に失礼だ、とハッキリ言われたことがあります。その時の弱った私には、ビシッと厳しく聞こえました。

気というものを否定してるわけではありませんし、実際受けてしまう体質の方もいらっしゃるので、それはその方の施術スタイルだと思います。お客様の邪気を取ってあげるという施術もあるのだと思います。

ただその一言は、当時の私のマイナスな考えを吹き飛ばしてくれた一言でした。

次の日から、施術すると悪い気を受けるという考えをすっかり無くして元気いっぱいに仕事していました。単純ですな。

いまだに私はお客様からは、私が悪い気をもらうことなど無い、と信じきっています。下北沢の先生の言葉がしみ込んでいます。

私の場合、疲れた時は、樹を触らせてもらったり、泳いだり、ヨガをする、寝て寝て寝まくるなどで自分を調整してると、復活します。それと、ポンペイ行くと復活するんですけど。

今思えば、当時、あの先生がお客でもある私の言葉にビシッと、否定形の言葉を返したのは、私が施術者であるから、言ってくれた言葉だったのだと思います。

お客様との会話で、即座に否定形で返すことは通常では、あまり無いと思います。

もう15,6年くらい前の出来事ですが、私の根幹となる一言でした。

Banner_03_24 ランキング参加中でございます。クリックしてくださると嬉しいです。

|

« 失敗 | トップページ | お手入れ受ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 失敗 | トップページ | お手入れ受ける »