« 危険なスパッツ | トップページ | 触れる…続き »

触れること

常々、ありがたいことだなあ、と思うのが、お客様のお身体に触れさせていただけることです。

ある人と話していたことです。

「痴漢がお尻触ったら、たまらん嫌でしょ。大好きな人だったら嬉しいでしょ。触るっていうことは、身体にとっては同じことよね。でも全然違うでしょ。それは脳がね…。」

ということで、記憶と感情についてのお話をしてくださったんですけれども。

確かに、通常、心許した人でないと触れられるのは、不快です。

満員電車等、致し方ない状況では、感情をシャットアウトしています。

ところが、私たち施術者のところには、触れていいですよ、という人が来てくださいます。しかもアロマやオイルトリートメントですから、素肌に触れます。信頼してくれてないとできないことですねえ。

|

« 危険なスパッツ | トップページ | 触れる…続き »

コメント

すみません。人の話を最後までちゃんと聴いてなかったです。

相互リンク~。
ますます恐縮です。
よろしくお願いします。

投稿: arust | 2006.09.15 08:52

わーい、emily さまいらっしゃいませ。コメントありがとうございます。お気に入りですか、恐縮すぎです→きゃー。

触れさせていただけるのは、こちらにとっても嬉しいです。

いろいろ出会いがあると、触られるのが苦手だったり、嫌だ、という方にお会いするこもあります。
見ず知らずの私にお身体を任せてくださることをありがたく思います。

投稿: arust | 2006.09.15 08:48

こんばんは。emilyです。
先日は当方のブログにコメントを残していただいて有難う御座いました。
嬉しかったです。

触れること、触れさせていただけること。
それって、とても大切でかけがえの無い、「絆」とおもっています。

丁度、今日はじめてのトリートメント実習の授業があり、「触れさせてもらえる側(施術者)」の立場を感じることが出来ました。

それはそれはとても幸せで・・。

この感覚をずっと忘れずに生きていきたいと思っています。

丁度タイムリーな記事だったのでコメントさせてもらっちゃいました。

また遊びに来ます★

PS:良ければ、相互リンクさせていただけないでしょうか?
いつも拝見していて、是非こちらのブログにもリンクを貼らせて頂きたいと思っています♪

投稿: emily | 2006.09.14 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険なスパッツ | トップページ | 触れる…続き »