« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

セラピストとして

スクールの添削で教えていただいて、多分一番印象に残っている言葉です。

スクールの先生がよくおっしゃる言葉の引用とのことでした。

「一流(理想)のセラピストになりたいなら、なりたいと願うだけでなく、一流のセラピストならどう行動するのか、自分は一流のセラピストと今から考えて行動しなさい。」

(一流の部分は理想、という言葉だったかもしれないです。)

いつかなりたい、と思うだけでなくて、今から考えて行動し続けていくこと。

傲慢になるのでなく、ずっと一流のセラピスト目指して研鑽しつづけ進化、向上していくこと。

今日の行動を、この言葉に照らし合わせて反省、改善すること。

この言葉は、何かあると心の中で反芻しています。

他にも添削文で教えてもらったことはいろいろあるのですけど、この言葉はもっとも胸に響いた言葉でした。

Banner_02_34ランキング参加中☆押してくださる方ありがとうございます。

| | コメント (0)

AEAJアロマセラピスト通信教育感想

通信教育について、「超」個人的感想です。

私は、通信教育は効率よく資格取得の学習をするにはもってこいであろうと考えます。

興味のある方は「ライブラ香りの学校」さんのサイトを見てくださいね。

また「オフィスリフレイン」さんでも通信教育をしていますので、どうぞご参考にしてくださいませ。

私が受けたのがライブラの通信教育なので、ライブラさんの通信についてのみの感想です。

私にとってはかなりの近道でした。ですからサロンワーク経験者の資格取得の近道になりうると考えます。

私の場合、2005年の2月か3月から学習を始めて、2005年の5月実施だったアロマセラピスト学科試験に受かることができました。AEAJ試験での問題傾向に沿って学習できるような気がしています。学習するのに独学よりもかなり効率は良かったです。(インストラクターは2回落ちたのですけどね)

通信教育のレポートを提出する期限の目安は1年くらいです。

私の場合は添削してくださる先生と相談して、レポートを早めにまとめて提出させていただき、模範解答やレポートのアドバイスをいただけておりました。

スクーリングはありませんが、ライブラさんの通学生や卒業生と同じ料金でライブラの単発での講座を受けることができました。

ただ、まったくサロン勤務経験、実技経験の無い方はアロマセラピスト通信講座を受けてセラピスト試験合格、または就職に結びつくかというと、私にはわかりかねます。

まったくの未経験の方は通学のスクールでの学習が良いと思います。講師から授業を受ける方がわかりやすいことも多いでしょうし、仲間とグループ学習できます。しかも実技の授業で裸のお付き合いです、これは濃密です。一生の友人ができる可能性もあります。

通信教育のように文字を読むだけ、ビデオを見るだけでは頭に入りにくいことがあります。

「尺骨」って言われても、まったく未経験で一人で学習してると、どこの場所にあるのかすらわかりにくくないでしょうか。

(サロンワーク未経験とはいえ、国家資格取得者~医療系、介護・社会福祉士、あはき師、栄養士など~でしたら例外ですよー。)

通信は実技は教材のビデオで独学でしたから、どこか他のアロマスクールかエステサロンで実技を習ってないと実技の修得は難しいと思います。力加減、方向、圧のかけ方抜き方、手技の種類、体重の移動や方向、姿勢、手の位置、タオルのかけ方、オイルの塗布…私なら独学ではできません。

通信教育では学科2次試験は免除ではありません。カルテ審査(コンサルテーションシート審査?)及び、実技試験は学科試験合格後に協会に申し込みます。

コンサルテーションシートについては通信教育内のカリキュラムには無いのです。ライブラでの単発の講座があったと思いますが、私は受けておりません。これは受けておけばよかったです。言葉の使い方、表現方法などが各認定校さんによって若干違うようにも思います。

ヤミクモに独学して混乱しそう、という方は通信は軌道修正してくれるのでおススメですよ。その他スクールが遠方で通うのが困難、時間が不定期でスクール通学時間を確保できないにはいいでしょう。

で、通信の場合は、先生にすぐに質問をすることができないですから、自分で参考図書やネットで調べないと答えや関連する事柄がわかりにくいです。

私の場合は恵まれていて、ネット環境が整っていて検索して調べやすかったことや、参考資料が手に入りやすかったのと看護師資格を持つ人たちが身近にいたのでいろいろと質問できる環境でした。

今はコンプリートブック下巻があるので、AEAJの資格取得に関しては学習が進みやすいかもしれないですね。

通信教育の受講前に私は電話して、料金のことなどは質問させてもらったような気がします。

自分でも必ず、各校の見学をしたり、よく調べて検討してから決定してくださいね。

| | コメント (0)

エステ 就職1

Banner_03_82ブログランキングです。よかったら押してやってくださいませ。

エステ会社の過去話の多いブログで、申し訳ないですが思い出話です。

私は10年勤務して円満退社となりました。

私の同期で会社を続けている人は多分1人くらいなんじゃないかなぁ。エステティシャンの同期は私のときで100人以上居たような気がします。(忘れかけてます。)私の次の年は300人くらいだったかな。今はどのくらいの新卒を採るのかは知りませんです。

私の勤めていた会社のエステティシャンは全員女性でしたので、結婚や出産で一時退職したり、パート社員になる人も居ました。自分でエステの会社作る人も居ます。

ということもあり平均的に、エステ会社の社員勤続年数って短いはずです。

どの仕事もそうだろうとは思うのですが、エステ会社で長く続けられる人は、業務で何か好きなことが無いと続けられないようです。私は技術することが好きでしたけど、お客様が自分の勧めるコースや化粧品を使ってくれることにやりがいを感じる人もいましたし、いろいろなお客様とお話することが好きな人もいました。美容知識を知ることや化粧品が好きな人もいました。

ですから、何かこれが好きだから、やめられない!ってコトが1つも無いとつまらなく、もしくは辛く感じるんじゃないかなぁ~と思います。

エステに就職するかどうか迷っている人の疑問で、売り上げノルマがあるのかどうかについてよく聞かれるのですが、私はなんとも言えません。

アルバイトで行ってた所は、化粧品やコースの売り上げについては特に気にすることはありませんでしたが、自分の収入も下がります。

私の居たところはノルマというものはありませんが、目標金額はありました。その目標が達成できないのは工夫が足りない、お客様への観察眼が足りない、経営者意識が足りない、というような意識付けられたような気がします。管理者クラスになると会議で利益についてはコンコンと話をきくこともあったようです。

売り上げ目標があり、目標に達しないと利益が出ません。すると店舗経費が削られます。そしてお店を飾るお花代が削られたり、事務用品を買う経費などが削られたりしていきます。

最終的に利益が上がらない店は統合や、撤退、閉店となります。利益の出ない店は利益の出る店の社員より給料に差がつきます(と言われていたのですが詳細は実はよく知らない)

接客以外の業務も多いです。割り切るか、かなり効率よくこなさないと仕事は溜まります。

練習会もあります。新コースが出るたびに練習会、研修があり営業後や休日に練習することも多いです。練習ですから「残業」ではないので、残業代は出ません。

会議もあります。スタッフ達はシフト制出勤で、遅番や早番があり、営業中はほとんど個室に入ってしまいますから、朝出勤して夜の終礼まで会うことがないスタッフもいます。ですから、

スタッフ間の連絡や知識をまとめるためには、早朝や営業後のミーティングもあります。それが無いと、連絡が行き届かず業務に支障をきたすからです。

体調が悪くても予約をお断りするとお客様にご迷惑がかかります。予約をいただく仕事ですから、欠勤、遅刻は厳禁です。お休みをいただいた翌日の朝礼では、休まず働いた社員に感謝の意をあらわすのが慣わしでした。(店舗によります)

どーしても体調が悪くて、スタッフが休まざるを得ない、代わりの人員もどーーーーやっても出ない時、お店からお客様にキャンセルをお願いします。その場合、次のご予約を優先的に取るように配慮をしますが、なかなかお客様たちも忙しい方たちが多く、既に何週間も予約は既に埋まっているので、優先予約は入りにくく、一度お店からキャンセルをお願いしてしまうと、お客様の不安や不満に繋がります。ですから、最大限予約をお店からキャンセルをお願いすることは避けます。ということは体調不良でも笑顔でお仕事することはよくありました。

利益を上げ、企業は成長します。

利益を上げることでお客様に還元し、スタッフも潤い、お互いが満足し合える関係になるのです。

しっかし、そんなに簡単に利益が上がるというわけでも無い時もあるのです。

Banner_03_83気が向いたらランキングクリックしてみてくださいね。

| | コメント (0)

エステ 就職2

私は自分でも不思議なのですが、一番やりたくない仕事は接客業だったのです。本来は人見知り気味ですし、人を笑わせたり、楽しませたりって苦手な方です。

学生の頃、「あなたが将来一番やりたくないと思う仕事は何ですか?」という質問に即答で「接客」と答えたら、一番やりたくない仕事は一番関心を持っている仕事ですから、その仕事に就くでしょう。と答えが返ってきたことがありまして…、当たってたのかもしれません。

私はたまたま、楽しいと思える仕事に巡りあってしまったのですけど、エステ会社への就職は、体と心にかなり負担がかかる人もいるのかもしれません。

もう15年以上前なので時効でしょうから書きますね。

新卒の時の研修中には、夜逃げした人が居ました。

研修中は当時は3人部屋でしたが、朝起きたら布団敷いたまま一人居なくなっていたそうです。布団の下に、ゴミを残したままだったそうです。

心が病んで、療養を勧められ、退職した人も居ました。

私と同室だった人も夜逃げしました。いろいろあって、会社にだったかお店のスタッフだったかに不信感を持ってしまったことと、体力が持たなかったようです。

腱鞘炎になったり、腰、ヒザを痛めて退職する人もいました。

売り上げに苦しんで、心を傷めて一時引きこもり状態になってしまい、出社できないような状態になった人が居たという話も聞きました。

希望勤務地に転勤させてもらえるということで入社したのに、転勤ができず辞めた人も居ました。

夜遅かったり、不規則な勤務に親御さんが反対されて退職した人も居ました。

急なスタッフの退職で、休み返上で働きすぎて、心と体が壊れてしまった人もいました。

上司と合わないという人もいたようですが、これはどこの職場でもある話かもしれませんが、売り上げ管理、顧客管理、スタッフ管理で業務が多すぎてバランスを欠いた上司の下でターゲットになってしまったスタッフもいたようです。

それと…、エステ会社に入れば自分がキレイになる、とだけ信じていて、基本は接客業であることを納得できない人も辞めていきました。

ストーカーにつきまとわれて、身を隠すためにいきなり退職した人もいました。当時はストーカーと言う言葉も無かったのですが、彼女はその後大丈夫だったのでしょうか。

この仕事って長くする仕事じゃない、と言って去った人も居ました。

望まぬ勤務地へ転勤してそのまま希望勤務地には帰ることができずに辞めた人もいました。(知識、技術、マナーを身につけるまでに時間がかかるので、募集して応募があっても新人が勤務するまでに最低でも数ヶ月はかかるため、人手の足らない所に配属になるとなかなか動けない)

私はたまたま転勤も苦にならず、技術が好きで、新しい技術のことを知るのが好きだから、会社から戴ける知識と技術はガンガン戴こうと舌なめずりするタイプでしたので、練習会があまり辛くなかったし、肌が変わったり、毛が無くなってきたりという効果が見えることに燃えるタイプだったこと、お客さまが好きだったのでしょうね。嫌なこと辛いことが我慢できて会社を続けられたのかもしれないです。他にどうしてもやりたい仕事もなかったです。社内研修は会社のお金で受けられていたのはありがたかったです。

会社組織にいると納得できなかったり、理不尽だと感じたりすることは多いです。

私は誰かの将棋の駒じゃない、感情があるんだ、どうしてわかってくれない!と憤りを感じることもありました。

病欠も難しく昼休みに点滴を打っての勤務、練習会、会議、残業続き、いきなりのスタッフ転勤、休日返上、自分には重い目標、顧客には先払いでお金を戴いているのに入らない予約、痩せない、脱毛効果が現れにくい、肌がなかなか改善に向かわないお客様、乾かない洗濯物、苦手なイベント開催、カルテ記入の時間も無い秒刻みのスケジュール、座れない一日、頑張ってもクレームやコンプレを戴く、お昼ご飯は無くなることも当たり前。毎日毎日辛い日もありましたし、どう頑張ればいいのかわからない日が続くこともありました。

それでも楽しいと思えることがあったら、なんとか続くもんです。

今になって思うことは、会社組織から教えてもらったことはたくさんあります。

10年私を勤めさせてくれた会社には感謝しています。

私は当時まぐれでエステ会社に入ったようなもので、今だったらきっと受からないですよ。私が新卒の頃より、選抜基準が厳しいのか、最近は若く美しく賢い人でも不合格になることもあるようです。どーもどーも私めを入れてくれてほんとありがとう、って思います(^.^)

| | コメント (0)

初めてのお客様

お客様がご来店くださることに関して、緊張しております。

やはりゲストをお迎えするわけですから、身内と対する時とはなんとなく違います。

特に緊張しておりまするのが、初めてのお客様。

アロマトリートメントが初めてのお客様も緊張しますが、指圧、整体なども全く未経験の方は、緊張します。嫌~(>_<;)という緊張ではないですよ。

馴れている方には、あえてご説明を省いたり、簡略化してお話することも、初めての方にはしっかりお伝えさせていただきたいこともあります。別のお話で盛り上がってしまってなかなか切り出せなかったり、…実は、…話すの忘れてしまうこともあったりします…。だめじゃん。

自分の過去の経験から、最初って肝心だと思ってしまうのです。

自分が精油を初めて嗅いだ時は、ラベンダーをクサ~イと思いました。

そしてエステティシャンでありながら、エステ会社に入社間もない頃はフェイシャルトリートメントが何が気持ちいいのかわからないエステティシャンでした。

ですからアルスタークへお越しくださったアロマ初めての方が、(アロマってクサーイ)(オイルトリートメントってヌルヌルしてイヤ~ン↓)(痛くて気持ちよくなーい!)な感想を持ってしまわれると、アロマテラピーを普及させて心身魂の健康維持増進を推し進めよう委員会(超個人的妄想的委員会・会長1名=arust会員1名のみ=arust)の会長として面目が立ちましぇん|||(_ _。)

特に経験が無いと言ってくださった方に、ココはぜひアロマテラピーを、オイルトリートメントを少しでも気に入っていただきたい!!!と、誰に頼まれてもいないのに使命感を持ってしまうというか…、気負っちゃうところがあるから緊張しちゃうんでしょうかねえ。うーん暑苦しいぞ。

馴れている方には、数あるアロマテラピーサロンの中から、このお店を選択肢の一つにいれてくださればいいなぁ~、くらいな感じなので気負いが少ないのかもしれません。

1年後はどうなってるんでしょうねえ。

初めての方には暑苦しいサロンかもしれませんが、嫌でなければどうぞいらしてくださいませ。飽きっぽいところもあるので、そのうち暑苦しくなくなってくるかもしれません。自分でもわかりませんので、来店してのお楽しみということで。

Banner_03_81クリックはありがたくお受けいたします。ランキングへ

| | コメント (3)

サロンランプ

もう1つ足元を照らすランプが欲しいなぁと、かれこれずっと思っていたのですが、気に入る物と出会うことなく、日々が過ぎておりましたが。

Photo_4

作ってみました。

Photo_5

電気屋さんで買ったソケットと電球と、お家にあった紙をくるりと巻いた筒でございます。ああああ、手抜きです。なのに、なぜか気に入っています。

紙の筒は飽きたら、別の和紙か他のグラスか何かに変えるつもりです。

でも、今のところ、なぜかチープな紙の筒がお気に入り。しばらくはこのままの姿で存在することと思われます。無くなってたら飽きたのだな、と密かにほくそえんでください。ではどろん。

Banner_03_80ブログランキング参加中。

クリックありがとございます(^.^)

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »