« 新人さん | トップページ | 休みは取りづらかった »

エステ・アロマセラピスト就職の参考話

私が新卒で就職して困ったことと言えば、自分と違う年齢の方々と話すことが難しかったです。敬語で世間話を続けるという状況には馴れてませんでした。

就職前から、例えばアルバイトやサークル活動、自営業でお客様なれしているなどで、人と話すことに馴れていると苦労しないのかもしれないですね。

方言については、自分では支障が無いつもりでした。私は学生時代に放送部や、放送研究会に入っていたので自分はしっかり共通語を話していたつもりですが、お客様にはたまに「関西方面の出身?」とよく聞かれました。

訛ってたんですねえ、きっと (´~`ヾ)

今は、すっかりばっちり伊予弁全開です。

都内に居ても伊予弁でてます。

セラピスト、エステティシャンとしては、必ずしもお客様と喋り続ける必要は無いですが、お客様にリラックスしていただくために自分から、笑顔で言葉がけや、話しかけることができると望ましいと思うのです。

ところで、新人の頃、お話するのに苦労していた私は、初対面の方と、お話のキッカケを作るのに便利な、「切り出しことば」があると教わりました。

き→季節
ど→道楽、趣味
に→ニュースなど
た→旅、旅行など
て→天気
か→家族
け→健康
し→仕事
衣→衣類
食→食べもの
住→住んでるところ、家のことなど

これでお話が苦手な人でも、会話に繋げやすくなります。

Banner_03読んでくださってありがとうございます★クリックも嬉しいです

|

« 新人さん | トップページ | 休みは取りづらかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新人さん | トップページ | 休みは取りづらかった »