« 排出かなー? | トップページ | アーティスト達 »

力抜くのも難しいです

新人の頃、エステティシャンとしての研修中に、指導の先生に注意されたことの一つに「力を抜く」ということがありました。

エステティシャンは、肩の力を抜く、首の力を抜く、膝を柔らかく動かすなどの指導が入りますが、モデルにも指導が入ります。

「力を、抜いてください。」と。

相モデルで練習するときに、相手のエステティシャンが施術しやすいようにと、身体の位置を動かしてあげるのはご法度なのでした。

例えばクレンジングの練習するときに、ちょっと鼻の下を伸ばしてみたり、首の位置を変えてみたりすると、「モデルさんが自分の意思で(エステティシャンがやりやすいように)と動くことは練習にならないから、力を抜いて楽にしていてください。」と先生に注意されるのでした。

エステティシャン役が、お客様の不快にならないように声をかけつつ、丁寧に触れ、そおぅとお客様のお体を施術しやすい位置へと移動する、ということを体得するのがエステティシャンとしての練習ですから、勝手にモデル側で動かしているのが見つかると、まずいのでした。

先生から「モデルは力を抜いてください、相手の練習になりません!」と注意を受けるのでした。この先生の指導も当時の私たち新人には雲の上の人のエラーイ人ですので、ドキドキしてましたcoldsweats01大好きな先生でもありましたが。

今は、チカラ抜け~、とウルサイくらいに指導してるかどうか知りませんけど、私が教えてもらっていたときに覚えている限りの話です。

力を抜いて、エステティシャン側のスタッフの手指の感触やマニュアルと合致しているか意識をはっきりと保ちつつ、アドバイスしたり、自分も学習をするという地獄のような訓練(ウソですがね)をくぐり抜けて、私たちはお客様を担当させていただくようになるわけです。

気持ちよくて寝てしまって脱力していると、「やる気あるの!?」と先生にぐわしと起こされるのでした。

寝てる研修生を見抜くという、先生の眼力も凄かったのです。

力抜くってのも、馴れないと難しかったです。

そんなことを思い出しました。

Banner_03ランキング参加中♪

★読んでくださってありがとうございます★

みなさま、笑顔の一日でありますように♪

|

« 排出かなー? | トップページ | アーティスト達 »

コメント

みつけられちゃった~happy01
お越しくださってこっちこそうれしいです。

ヨガや、フィットネスされている方は、チカラを抜くのも上手な気がしますよ~shine

私は会社の研修で技術を学んだので、すでにプロの先輩方の卓越した技術を受けながら、寝ないというのは至難の業でした。
寝てないつもりなのに、ビクーッと身体動いてたり、くかー、と鼻がなったりしました…(-ω-;)

寝ると、「あの新人肝っ玉すわってるよね~。」と噂されるから寝てはならぬのですcoldsweats01

ちゃんとメモとったり、質問する子には翌日からスゴク優しくしてくれるという裏技ありなのでした。

投稿: arust | 2008.06.06 20:59

こんばんは!コメントありがとうございました~♪
どなたかな~と思ったら、こちらでお会いできました(^-^)嬉しいです。。。
アロマの学校に通っているとき、私をはじめ、クラスの子は力が抜けた子ばかりで、モデル役でよく寝ていました(笑)セラピスト役の技術が上がってくると、モデル役で寝ない方が難しいですよね~。想い出して笑ってしまいました。
これを機に、また遊びに来させていただきます。
よろしくお願いいたします☆
ポチっと!

投稿: ゆかぴゅあ | 2008.06.06 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 排出かなー? | トップページ | アーティスト達 »