« キャンセル | トップページ | 思わずNLP »

トリートメントが上手くなるには

トリートメントが上手くなる方法を聞かれると、私は練習ももちろんですが、自分が施術を受けるのも必要だとお伝えすることが多いです。

もともとセンスのいい人とそうでない人もいるのでしょうけど、以前アルバイトで入っていたエステでは、経験は浅くても自分がエステや整体などに頻繁に通っていた人って上達が早かったです。

受けているから、現場での流れの理解が格段に早いのです。

そして、自分自身の全身の肌感覚も、たいてい使えば使うほど鋭敏になります。

例えば、こめかみをプッシュするといっても、こめかみって意外に広い。場所によって感覚は違います。

また指頭を使う、指腹を使う、母指球を使う、関節を使う、当てる角度、強弱、リズム、スピード、プッシュにも単に押すだけでなく、振動をプラスしたり、回転をプラスしたり、強擦や揉撚にも変化させることが可能です。それぞれに気持ちいい。

施術された経験をたくさん持っている人は、「気持ちいい」の引き出しに気持ちよさの種類もたくさん入る。

逆に「気持ちよくない」の種類もたくさん持っておいた方が、自分が施術するときにはいいですものね。

Banner_03ランキング参加中★クリック感謝です♪

|

« キャンセル | トップページ | 思わずNLP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンセル | トップページ | 思わずNLP »