« 美味しくいただきます | トップページ | 嬉しかったことの記録 »

変化

私が幼い頃、停電は今より頻繁だった。

電車は当時「汽車」と呼ばれていた。

車内には夏になると、扇風機が回っていたような気がする。

電話は、たまにご近所の持っている人がご好意で貸してくださってた。

おウチには一台の扇風機だけで、家族が扇風機の近くに集まった。

扇風機の無い部屋なら窓を開けて涼むか団扇を使った。

冬には、どこの店にもアイスクリームは売っていなかった。

冬にスイカが食べたくても到底無理だった。

お風呂はガスか薪を使った。

薪がだんだん手に入らなくなって、オガライトを使ってた。

今、仕事をするのに電気が無いと仕事にもならない。

知らないうちに、変化してる。

知らないうちに、頼らないと生きていけない状況になってた。

|

« 美味しくいただきます | トップページ | 嬉しかったことの記録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しくいただきます | トップページ | 嬉しかったことの記録 »