« お茶会 | トップページ | 優しく在ること »

奥底に流れていたもの

小さな子が、

必死に泣くのを我慢してる。

痛くても、辛くても。

強いふりして。

平気なふりして。

まだ小さい両の手は、

ギュッと固く固く握り締めてられてる。

その子も、

まだ何を握り締めているか気がついてはいない。

その子はいつの日か、

その握り締めた手のひらを開くのだろう。

手のひらの中にあるものを知っているのは、

その子だけ。

固く握り締め、守っているのは、

その子と世界の未来を繋ぐであろう大切な…。

|

« お茶会 | トップページ | 優しく在ること »

コメント

カモミールの香りさん、コメントありがとうございます。

その子には、
その子のタイミングと、
その子に内在する力がある。

お互いのセッションの中で
その子が自分で気付くから、
大丈夫だと私は感じています。

時と場合があるかな、
手のひらのことを伝えるのは。

カモミールの香りさんは、お優しいから
教えてあげたくなるのかしらね。

投稿: arust | 2011.10.21 00:06

こんにちは。
私はこのblogを読んで、こんな風に感じちゃいました。

この子が、ぎゅっと握り締めている手のひらに気が付くまで、とっても時間が掛かるように感じられたら、そっとarustさんから『自分の手のひらを見てご覧なさい』のサインを出してあげてもいいんじゃないのかなぁって・・・。

開いた手のひらの中に、どの様な物が入っているのか、私には分かりませんが、その子が素直に手のひらで受け止められたら、凄くいいのでしょうね。

あとは、その子を遠くから見守ってあげることしかできないかもしれませんね。

投稿: カモミールの香り | 2011.10.20 15:49

コメントありがとうございます。

ふと、スイッチが入ると、
声を聴きながら、
お手入れをしながら、
相手の曲や物語が、
私の中に流れ込んでくる時があります。
イメージのような、音のような…。

相手の方の魂が許可してくれてるのでしょうね。

ひとときは共にそこにお互いが在る。

お互いが奥底に流れているものを
聴きあっている時間のような気がします。
セッションの時間です。

時が来たら、
その子は自分で、
自分の手のひらに気がつく。
その子にはその力がある。

ああ、また変なことを書いている(ー_ーゞ

投稿: arust | 2011.10.20 08:22

握り締めてないといけなかった。
守っているのが何か分かっていなくても。

arustさんの
やさしさで、
暖かさで、
癒しで、

手を開くことの
手助けになってあげられると
良いですね。

投稿: その子は、、、 | 2011.10.20 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お茶会 | トップページ | 優しく在ること »