« 懺悔 | トップページ | 気の合った人 »

移動

お手入れを受ける機会が続く。

1度目は最近デビューした方。
技術は教えてもらったことを、少しおずおずとしつつやってくださる。
ただ、タッチの入りと離れが非常に心地いい。
ふぅんわりと触れて、離れる時もふぅんわりと余韻を残して離れる。
習得するのがかなり難しいであろうところが、すでにできていて驚かされる。
周りの人に対する日頃からの優しさが、ご本人の身に付いているからこそできることだったのだろう。
今後、この人伸びるんだろうな、また行きたいなと直感的に感じた。
2度目。
スパ併設のお手入れサロン。
私の外反母趾に興味関心をお持ちになったのか、その話を振ってくださる。
いつから?
どうして?
つめの変形はなぜ?
技術後の手洗いの音も激しく聞こえてくる。
技術は悪くないし、反射区とその効果もよく覚えていらっしゃるけれど、もう行きたくないな。
3度目。
宿泊施設の技術者。
熟練の技。
でももう会えないなぁ。
今、一番思い出すのは温泉の近くのあはき師さん。
ヨボヨボのご年配の方で「え、大丈夫?」とこちらが思わず心配になるくらいのご高齢の方。
小柄な体型、手は細くてしわくちゃ。
ところが、そのしわくちゃの手指がそれはそれは柔らかく温かく、
ツボにはその小さな手が的確にはまり
ガッツリと揉み解し
タッチは優しく
とても快適で夢見心地で心惹きつけられた。
ソウイウヒトニワタシモナリタイ。

|

« 懺悔 | トップページ | 気の合った人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懺悔 | トップページ | 気の合った人 »