« 気の合った人 | トップページ | 明けました »

私の仕事

忘れ去られていたとしても。

私が覚えている大切な記憶ならそれでいい。

きっとそれが、

私の役割。

ずっとずっと勝手に覚えていることがある。

私は自分の生き方を変えてもらえた。

生きるということを教えてもらえた。

棘が抜けたように、痛みが消えた。

そんな出会いがあった。

今でも感謝している。

当人はそれを忘れているかもしれないけれど、私にとっては大切な記憶。

忘れてるっぽい、きっと忘れてる、その人自身の在り方も私は尊敬。

感謝や尊敬を求めず、

自分のできることを、私にしてくれたのだと思う。

私が私で答えを見つけられるように居てくれた。

その人のようになる、というのが私の残りの人生のテーマ。

そのテーマに向かって、雑音は気にせず信じるところを進んでいきたい。

|

« 気の合った人 | トップページ | 明けました »

コメント


投稿: arust | 2014.03.01 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気の合った人 | トップページ | 明けました »