レアレアさん

たまにレアレアさんにお買い物に行くのです。

ブログ「男がアロマで何が悪い」本当に面白いですねえ。題名はアグレッシブですけど、お店は癒し系のほんわかムードで店長もSWEETな印象ですよ~。お話しすると面白いです。

店長さんはナードとAEAJの両方の資格をお持ちで、研究熱心な方です。

お店で買い物するときに質問したら的確なお答えをくださったり、使い方を丁寧に教えてくださったり、今まで私が注文したものは素早い納品をしてくださるので安心してお買い物しております。お世話になりっぱなしなのです。ありがとうございます。

松山近郊の方はぜひお立ち寄りくださいね~。

Banner_02_2アロマ人気ブログランキングへ

押してくださってありがとうございます。

| | コメント (2)

変化

今日のお気に入りの香りは、ベンゾイン、クラリセージ、ラベンダー、ローズ。

甘くて、華やかで、艶のある香り。

トリートメントが終わった後、片づけをして、ほっと一息、座り込んだら、引きずり込まれるように眠くなり、カーペットに座ったままベッドにもたれかけて寝ていました。クラリセージ効果でしょうか。

私の好みの香りは、サンダルウッド、パチュリ、べチバーとベース系が好きだったのですが、最近ベンゾイン、クラリセージ、プチグレイン、ローズと変わってきてます。ベンゾインは多分自分が趣味でアロマしてるだけなら、絶対買ってない香りだと思っていたのですけど、今はかなりお気に入りです。美味しそうな甘い優しい香りですね。

突然ですが、思い出しました。偏見ですけど、私の知ってるジャスミン大好きな人ってかなりの美人さんばかりです。私もジャスミン好きになろうと思います。きっと美人になれるはずだ!!(違うかも)

香りの好みの変化は、昨年までと生活環境が変わったせいもあるのでしょうし、お客様に使ううちに自分では作らない組み合わせを作ることもあるせいでしょうね。

これからはどういう香りの好みの変化があるのか、楽しみです。

Banner_02_1

| | コメント (5)

アロマサロン ルビィ さん

アロマテラピーサロンのルビィさん(←クリックするとRUBYさんのサイトへ)でトリートメントしていただきました~。

オーナーは、まだ松山市内にマンションのお部屋でされているサロンさんがほとんど無いころからお店をされていました。

マンションのお部屋でオーナーが一人やっていたお店から、広い1階の路面店となりベッドは増え、オーナーと店長さんが常勤で入るようになりました。どんどん成長中のルビィちゃん、今後はどんなお店になっていくのでしょう。

Img_corse02本日私に使っていただいた精油が、シナモン、パイン、ラベンダー、ジンジャー等、キャリアオイルもセサミとマカダミアのブレンドです。あまり使わないようなブレンドにしてほしいとリクエストしたら店長とオーナーのお薦めブレンドを作ってくれました。

首が痛いくらいに疲れていたのが、スッキリしています。こころなしトリートメント部分が温かいです。

そして、今日のブレンドはとてもスッキリしてスパイシーだけど、甘い美味しい香りに仕上がっていまして、香りが心地よかったです。オーナーから素敵なエナジーもいただいたようでございます。

自分で作ることがないブレンドをしていただくことって刺激的(^0^)

ルビィさんどうもありがとうございました。 

Banner_03_65人気ブログランキング投票ボタンです。だましたりしませんからご安心くださいませ~。

いつもクリックしてくださってありがとうね。感謝しています。

| | コメント (0)

失敗

私の親に水虫が発生しました!

おー、これは、いい実験台、しめしめ~♪

これで、水虫が良くなるかもよー。と、不審がる親にティトゥリーを塗ったくりました。

しかし、翌日から水虫さん増殖!

なにしやがるんでいーっと言った様子でぐんぐんと範囲が広がってしまいました↓

大失敗ですなぁ。

親は怒ってました。イヤミ言われました~。

それからは、プンスカと病院でもらったという薬を塗っておりました。

しかしですね、この水虫さんしつこくて、1ヶ月経っても、あまり変化がなかったのです。

それで、3日ほど前に、またまた親に、こっちのほうが合うかもよ!実験協力して。と、またもや無理やりにラベンダーを塗りました。

アロマセラピストとしては、このような行為は厳禁です。クライアントの意思を全く尊重しておりませんね。身内なので、協力者ということで許してもらいます。

するとですね、ガットフォセの火傷がたちまち良くなったという逸話のように、この強いパワーをもっていた水虫が急にシナシナになってきたのです。すごいスピードで水虫パワーが減退してきました。

1日でジクジクがとれ、2日目で赤みがとれ、3日目でガサガサだった皮膚がかなーり生まれ変わってきました。ああ、写真とっておけばよかったです。

真菌に対して抗菌効果のあるというティトゥリーは、親の肌か体調に合わなかったんでしょうね。

病院でもらった薬も、たまたま合わなかったのかもしれません。

精油は薬の代わりになりますけど、失敗したら痛い目もみますので、用心に越したことはありませんが、こういう例もあるということでしたー。

Banner_03_23 ←人気ブログランキング投票にご協力くださると嬉しいです。

| | コメント (0)

ラベンダーウォーター

化粧水として、ラベンダーウォーターを使うのが好きです。

私の場合、乾燥が気になる時は、ラベンダーウォーターをつけた後で、ヒアルロン酸ジェルをぺペッとつけると、保湿されて肌がぷっくり、目の下の小じわが消えます。

ラベンダーウォーターは、ラベンダーの香りのする水です。

水とは言っても、ラベンダー精油を作る際にとれる蒸留水で、ラベンダー精油の成分を少し含んでいます。保湿、抗炎症効果が期待できます。

ラベンダー精油は、ポピュラーではあるものの、香りが苦手だとおっしゃる方も多いです。

私もラベンダー精油の香りには、汗に共通するような残り香を感じるときがあり、好きだけど、このツンとくるようなきついような感じがいただけない時もあるのです。

精油に比べるとラベンダーウォーターは、香りがまろやかで、ふんわりとしています。

意外と香りの持続性もよく、朝は顔、首、腕につけますが、昼すぎに指先からラベンダーの香りが漂ってくるときもあります。

そのせいか、昼からお勉強をしている時に頬杖をつくと、たちまち眠気に襲われました。(-ェ-)。o○Zzz…

ラベンダーにはリラックス効果や眠気を誘う効果があるといわれています。

で、翌日からは化粧水はローズウォーターに替えてみました。

(-ェ-)。o○Zz…でもやっぱり少し意識が飛びました。

眠気をラベンダーウォーターのせいにしたのは、濡れ衣だったのかもしれません。

(*_ _)ワルカッタナ…
            オイラノセイニシヤガッテ(`д´) プンスカ

眠くならないためには、集中力アップ、頭脳明晰効果があるローズマリーウォーターのほうがいいかもしれません。忘れてなければ、そのうち実験してみます。

Banner_03_16 人気ブログランキングに飛びます。良かったらクリックしてくださいまし。

| | コメント (0)

パルマローザで打ち水

朝から出かける用事があったので、起床後すぐに清掃。

朝は玄関を開けて、ベランダに水を流すと、冷たい風が吹き抜けてくれます。

精油たちの中で、悪いけど、出番がなくて、あんまり使わないパルマローザを2,3滴落とした水で、打ち水してみました。

甘い香りが、冷たい風とともに、部屋を駆け抜けます。早起きは3文の得ですな。

パルマローザは、好きだけど、可哀想なことに、私が、あんまり使いこなせなくて、いつまでも残ってしまいます。

ゼラニウムと、ローズウッド、ローズが居れば、パルマローザさんでなくちゃ!ということがなんだか少ないのです。

微かにバラを思わせるらしいのですが、私にはパルマローザはパルマローザでしかない、という感じです。まだゼラニウムのほうが思い出せるぞ。どうせ、そうならゼラニウム使っちゃうもんね。

パルマローザは皮脂調整作用、皮膚の再成長を促し、消化器系の強壮作用、心の鎮静とリフレッシュ作用があるようです(『アロマテラピーの為の84の精油』参照してます)。しかしですね、いまひとつ使いこなせないので、しばらくは打ち水用の精油となりそうな予感がいたします。

食欲を取り戻す作用があるようですから、夏ばてで食欲の落ちた方にはいいかもしれません。(悲しいかな、私には必要ない)

パルマローザよ、悪いが、君は、打ち水用だ、ウチではな。

Banner_03_12 ←読んでくれて、ありがとうございます。クリックしてくれると嬉しいです。

| | コメント (0)

べチバー

好きな香りにべチバーがあります。

べチバーは静寂の精油、安静の精油とも呼ばれ、気持ちを落ち着かせ、緊張を和らげます。ニキビにもいいらしいが、私はニキビには使っていません。正直、顔につけると香りが濃厚です。

べチバーは、サンダルウッドやパチュリのように、古くなっても熟成され、香りの質がよくなります。(余談だけど、最近サンダルウッドが値上がりしててとっても悲しいよ。)

生理を起こしやすくしたり、神経を刺激しすぎる場合があるので、妊婦さんや乳幼児には注意が必要ですよ。

私と、べチバーとの出会いは、ゲランのべチバーという香水の名前と同じ精油があることを知り、当時、勤めていた会社の社員販売で精油を購入したのが出会いです。

商品到着後、ワクワクしながらべチバーのふたを開けると、…

と、いうか、開かないよ…。

むちゃくちゃ粘性のあるオイルで蓋が固まっていました。しかも限りなく黒に見える茶褐色。え、これが精油ですか??

嫌な予感がしながら、ムリムリっと開けると。

しぶーい、いがらっぽーい、えぐーいニオイが! くっさーいいい!!

腐ってるのか~!!

第一印象…オエエエェッ!でした。

あれは、ショッキングでした。おえっぷ>Orz_03_2 ダッテ、ホントニ、クサカッタンダモン。

初めてのべチバーさんは、捨てたか、サロンに置きっぱなしにして、知らん振りしたか、もう忘れました。

ところが、どこでどうしたもんだか、これがアロマランプに垂らしておくと、芳醇で心地よい香りに感じるのですねー。

私には、ココシャネルの残り香を連想するような、ゴージャス感が垣間見える、粉っぽい甘みのある香りに感じられます。呼吸が深くなるようです。

ちなみに、私の好みは、べチバー、パチュリ、サンダルウッドと重みのあるベース系の香りが多いです。

いつも頭に血が上っているんでしょう、あわてんぼなんで。

好きな組み合わせは、オリエンタルムードなべチバーとゼラニウムとか、妖しいゴージャス感でべチバーとジャスミンとか、意外やべチバーと柑橘系、なんですけど、自分がべチバー好きなせいか、どの精油とでも合うような気がします。

べチバーの香りには、どっしりとした大地のような存在感があります。

他の精油と合わせるとき、べチバーの量は少なめにしないとべチバーの存在感が、ずずいっと前面にでてきちゃいます。(ジャスミンとは同量でも、ナイスカップルでダンスを踊っているようです。)

私が思うに、べチバーって他の精油と相性は悪くなく、ブレンドされた相手の精油を支え、相手の香りに深さを与えて、陰影をつけ、魅力を増してくれるような気がします。

人気ブログランキングに参加しております。応援してくれると嬉しいです。

クリックプリーズClick_g_4 ありがとうございます。

| | コメント (0)

南の島の話

イランイランの香りは南国の香りです。

南国といえば、南の島で私のお気に入りはポンペイ島です。

ミクロネシア連邦政府観光局公式サイトさん、勝手にリンクさせてもらいました。ありがとうございます。

ポンペイ情報Click_g_2

この島のイメージは、プルメリアとイランイランの香り。

ただ、現地では、プルメリア系の香料をお身体中に振りかけているローカルの方々が、割と多く…。

暑くて湿気の多い島ですので、汗などの体臭と香料のブレンドされた香りを身に纏っていらっしゃるとですね…。たまりません。Orz_03

初めて、旅行した時は、信号がなかったのですが、2回目に行った時は空港付近に信号ができてました。今はもっと信号あるんじゃないでしょうか。5年くらい行ってないですけど。

島の雰囲気は、とっても大らかです。そういえばカタツムリはサザエかと思うくらい大きいです。

犬がよく走ってます。飼っているのか、野犬なのかよくわかりません。

おめでたいときには、犬を食べるのがごちそうだそうなので、放牧でしょうか。

6時の待ち合わせが7時になるなんて、あたりまえです。

急いでいても優雅に歩くのです、小走りすることは、はしたないことなのです。

この大らかさに惹かれています。(犬はあまり食べたくありませんが。)

現地で暮らしている人によると、まあいろいろローカルの方々と日本人間にも、トラブルもあるようですが、私が旅行で行った時は、気分が悪くなるようなことは全くありませんでした。

治安も良く、親日的で、日本食もふつーにスーパーに並んでいるし、空も海も抜けるように青いし、ビールは旨いし、水道水飲んでもお腹こわさないし、生のコショウは旨すぎるし、最高でした。

コショウといえば、おむすびに生のコショウをいれたものや、コショウ入り紅茶が美味しかったです。フレッシュかつスパイシー、爽やかな香りがして、辛味が強くなくでお米の甘さや紅茶の香りを引き立ててました。冷奴に乗せても美味しいのです。

一度、たまたまレストランで、ご家族と食事にきていた大統領に出会い、握手してもらいました。

あまりにもカジュアルで、警備らしき人もおらず、村長さんか!?という雰囲気でした。

ポンペイ島の刑務所は、「え、これって、すぐ脱走できるやん?」みたいな小さい建物でした。凶悪で、複雑なトラブルがあまりないそうです。

第二次世界大戦中は日本軍が入っていたので、電信柱とか、自動車という単語がポンペイ語なっているそうです。参考Click_g_3

何回でも行きたい島です。

イランイランの香りを嗅ぐと、ポンペイ島を思い出します。大らかで開放的なイランイランの香りは、南の島の香りです。

Rank_003_2 人気ブログランキングに参加中なのです。クリックプリーズ♪

| | コメント (4)

イランイラン

アロマテラピーに使う精油ですが、私の苦手だったのが、イランイランです。

濃厚な、南国の花の香りで、大好きな人は、もうこの香りにはハマリます。

甘く、開放的で、うっとりするような香りです。

緊張を緩和し、ドキドキと早い心拍を抑えてくれるという働きもあるのです。

最近は、苦手ではなくなったとはいえ、今でも、私は大好きとまではいかないですなあ。

多分ですね、以前南国に行ったときに、現地の方々がたいてい、イランイラン系のフレグランスを濃厚につけていて、それでよく気分が悪くなったことがあるので、その条件反射のようなところがあるのかもしれません。

それと、イランイラン、水仙、金木犀、は私の大好きにはなれない香りなのです。共通成分があるに違いないと睨んでいます。

ところで、南の島は大好きです。

しかし、現地の方が、香料を多量にお体に振りかけて使っていることと、ゴキブリがカブトムシほどにでかかったのには、馴れませんでした。Orz_03_1 

人気ブログランキング参加中です。Click_g_5 クリックありがとうございます。

| | コメント (0)